JIN

グリーン・インフェルノのJINのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
4.6
子供の頃、『食人族』っていう映画の話を噂で聞いてすっかりブルッてしまい、その手の作品は想像だけで全く手に取ることができなかった。
そんな内容の映画を『ホステル』のイーライ・ロス監督がおもいっきりやっちまってた。
ドギついことこの上ないえげつなさ…。
まさにトラウマ系。
作り物とはわかってても、あまりの過激な描写に半目状態。
進撃の巨人が人を食べても、あるいはゾンビ達が噛み付いてきても大丈夫なのに、何で人食い人種だとこうまでダメなのか、ちょっと考えてしまった。
とにかく等身大の人間だとあまりにも生々しい。

ストーリーもそれなりに楽しめた。
なんせジャングルでこんな事態に陥ったらと想像するだけで背筋が寒くなる。
今まで観た事ないシーンだらけでカルチャーショック。
そりゃこんな所に来りゃ腹も下すだろう(笑)
割礼なんかもそうやけど、これがあたりまえの生活文化の世界って考えると、人間の常識をひっくりかえされたような感覚になって頭が混乱。
そして、正しいと思ってする行動が実はいかにおせっかいなことだったりするか、その辺の妙も面白かったりする。

オープニングで出演者の名前を観てたらスカイ・フェレイラの名前が出てきてビックリした。
彼女は去年サマソニに出てて、日本なのに『Omanko』なる曲も歌ってた人である(笑)
いつの間にこんなとんでもない映画で女優までやっちまってたのか。
幸い彼女はペルーまで行く役ではなかった。

観終わってからドッと疲れてしまった。
しかしながら、幼少期ブルッて観れなかったような作品を観れたことで何か一つ克服したような、妙な達成感があった(笑)
大人になった。(割礼コワいけど)