まっつん

グリーン・インフェルノのまっつんのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
4.5
イェーイ!!!!ついに観たぜー!!!はるばる新宿武蔵野館まで行って観てきたぜー!!!!

てなわけでイーライロス最新作です!イーライロスの映画が面白くないわけない!ということで期待値高めで行きましたがそれを遥かに上回る出来でした!

まずこの時代に食人映画に対して恩返しをしたいというイーライロスの心意気に拍手です。エンドロールで様々な食人映画のタイトルが出てくるとこにも顕著に表れていると思います。また「食人族」オマージュであることはもちろんですがラストの展開などは「人喰族」そっくりでした。

そして食人族を演じた現地住民の方たちも素晴らしかったですね。特に族長の女性が心底美味しそうに人肉を食べていらっしゃるのがGOODでした笑。また捌いた人間を3分クッキングの如く鼻歌でも歌いながら調理するシーンも良かったですね。

さらには意識高い系大学生の描き方も素晴らしかったです。要するに彼らのやっていることは「文明化された視点でのみ見る倫理的正しさ」でしかないわけで、文明化されてない部族の価値観や宗教観などは全く知らないわけです。もちろん映画の冒頭で示される女子割礼に対する問題が無いとは言いませんが、彼らのやっている事は傲慢な価値観の押し付けに過ぎません。

しかも実際に現地に飛んでみてもその実態はマリファナ吸ってみたり、好きな女の子にアプローチしたりと非常に薄っぺらい。しかもリーダーのアレハンドロは異常なまでに偽善的で胡散臭い。

そんな偽善を食人族が食い殺すからこの映画は目を背けたくなるような描写がありながらも溜飲が下がるんですね。

という真面目な部分もありながらも笑えるとこは超笑えます。基本的にはホラーコメディと括ってしまってもよいほど笑えますね。特にマリファナの下りは大爆笑必至です笑。

しかもこの映画の撮影後にイーライロスは主演女優のロレンツァイッツォを喰ったわけですから彼も食人族だったわけですね笑。う〜む、なんて羨ましいんだ笑。

そしてイーライロスの次回作はなんとあの「メイクアップ」のリメイクである「ノック ノック」!!これも期待できそうですね!!