ヤックル

アクトレス 女たちの舞台のヤックルのレビュー・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)
4.0
華やかなエンターテイメント業界の舞台裏が主な舞台となる映画で、展開が大きく動いたりとかそういうことはないし、むしろ下手すると睡眠効果すら誘発しそうなもの(雄大で美しい景色)もあるもある映画。
でも、こういう決してには出さない本音とか足掻きみたいな人間の負の部分を描いたものは大好物だし、映画と映画の中で描かれる舞台がメタ構造な関係も大好物なので、退屈しないどころか見入ってしまいました。

メインとなる女優3人の演技力も素晴らしくて、演技合戦を観ているだけでも見応えあり。

観る度に新しい発見のありそうな映画だと思いました。

あとなんとなく『SLEUTH』を連想してしまいました。(マイケル・ケインがこの映画と同じようなことを実際にやっているし)