masayaan

アクトレス 女たちの舞台のmasayaanのレビュー・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台(2014年製作の映画)
4.0
女優が自分の加齢や、主に「自分から見た自分というセルフイメージ」と「他人からこう見られている自分」との乖離とどのように向き合うか、という題材からカサヴェテスの『オープニング・ナイト』的なものを想像していたが、その卓越した映像センスの裏に隠れているのは、「演劇に劣等感を抱く(もしくは、抱くべきだとする)映画」、あるいは「芸術的な優越に浸る演劇の傲慢さを逆に見下している大衆映画」のような問題系を演者の自意識に落とし込んだ『バードマン』的な黒さだったりする。台詞合わせのシークエンスに代表されるメタ構造にクラクラしつつもしかし、悪酔いはしない。