アクトレス 女たちの舞台の作品情報・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台2014年製作の映画)

Clouds of Sils Maria

上映日:2015年10月24日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大…

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

「アクトレス 女たちの舞台」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.0
女優が自分の加齢や、主に「自分から見た自分というセルフイメージ」と「他人からこう見られている自分」との乖離とどのように向き合うか、という題材からカサヴェテスの『オープニング・ナイト』的なものを想像していたが、その卓越した映像センスの裏に隠れているのは、「演劇に劣等感を抱く(もしくは、抱くべきだとする)映画」、あるいは「芸術的な優越に浸る演劇の傲慢さを逆に見下している大衆映画」のような問題系を演者の自意識に落とし込んだ『バードマン』的な黒さだったりする。台詞合わせのシークエンスに代表されるメタ構造にクラクラしつつもしかし、悪酔いはしない。
ミク

ミクの感想・評価

5.0
劇中劇と映画世界と現実世界が交錯し、女優人生の苦悩と常に一緒に過ごすアシスタントの関係性が興味深く描かれていてスリリング。

本読みのやり取りでの演技と、演じてない演技の違いがジュリエット・ビノシュもクリステン・スチュアートも女優魂を見せつけてくれます。オフの時の会話でハリウッドについて嘲笑する大女優と熱弁するアシスタントが妙にリアルでこれは実際の会話を聞いているのか?って本気で思っちゃうほど。ハリソン・フォード共演「逆カブトムシ」には大笑い。

知的な会話で自分の感性を出し合い二人の関係が深まっていき、映画ならファンタジーで終わりそうなところも理性を働かし決断する辺りが現実味が増す。いちいち目に付くブラックアウトも舞台をみてるかのような錯覚に陥り余計に混乱させる演出も秀逸。
bigBEM

bigBEMの感想・評価

3.0
若さ...

クリスティンのアシスタント感ハマってる!
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.0
『ポンヌフの恋人』では初々しかったジュリエット・ビノシュが、すっかり貫禄のある大女優になった主演作。
演劇の業界もので、今主流のハリウッドのエンタメSFものをバカにしている辺りが面白い。
スイスのロケーションは綺麗だけど、お話はピンと来ない。
ビノシュと秘書役のクリステン・スチュワートとの延々とした絡みや、山の中でクリステンが突然いなくなるというのが意味不明。
後半にやっと登場するクロエ・グレース・モレッツとビノシュの対決をメインにするべきだったのでは。
SZissie

SZissieの感想・評価

4.5
いやぁ、素晴らしかった。ジュリエット・ビノシュ最高。劇中劇のメタ構造の中で、過去の自分と、また歳を重ねて変化した自らの感性と向き合い、プライベートのトラブル処理をし・・・すべてが同時に進行していく。言葉が持つ意味は、体を持たないのだけど、その言葉は体に突き刺さり、意味を変えていく。演じることの虚と実の境目を描いた作品だと感じた。
そして、クリステン・スチュワート。個人秘書として長きにわたるパートナーとして、ビノシュ演じるマリアを現実世界と繋ぎとめながら、まさに虚と実の間で揺れ動く様を見事に体現していた。
・・・と真面目な話はここまでに。あぁ、クリステン!メガネでハンサムなファッションの彼女が俺得すぎる。写真集として見返したいレベル。次はオン・ザ・ロード見るつもりだけど、また男世界だからなぁ。いまのところ見た目、演技ともに彼女のベストだ。
MegTanaka

MegTanakaの感想・評価

3.8
あーー終わりかたうぅ
大女優のオンオフが激しい、ブレザーめっちゃかっこいい
クリステンスチュワートがアシスタントってもったいないレベルだけどぶっきらぼうな感じが活かされてた クロエがビッチすぎて無理
大自然が好きなんだねって感じの映画だったわうん映像はとても綺麗だったしセリフも良かった
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.4
クリステン・スチュワートがセザール賞を受賞したと聞いていたが、確かに素晴らしかった。
彼女の出ているシーンは好きだった。
 「パーソナル・ショッパー」よりは好き。でも相変わらずプロットは小説的というか、あまり省略もない展開の中で急にオチがきて呆気にとられる。filmarksで色々レビューを読むとああそういう事かな?みたいな…。
 一部・二部・エピローグという構成で、前半のほうが楽しい。ジュリエット・ビノシュはまあまあの年齢(50才)だけど胸元ざっくりドレスで色気を放っている。大きな授賞式の裏側も面白かった。
 クリスティン・スチュワートは本作でアメリカ人初のセザール賞を獲っているけれど、そんな目立つ役ではなかったですね。クロエちゃんはもっと脇役。それぞれの演技自体は良い。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.5
自分が年を取ったことってなかなか気付きにくいというか、認めたくないだけなのかもしれないけど、でもやっぱどこかで気持ちを切り替える必要があって、いつまでも若く見られることに自惚れてる場合じゃないんだよね。近頃の若い奴はって思い始めたらもう潮時だな。
yuing

yuingの感想・評価

3.5
自分があまり見てこなかったタイプの編集。

女性が老いるというのはかくも難しい。
>|