アクトレス 女たちの舞台の作品情報・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台2014年製作の映画)

Clouds of Sils Maria

上映日:2015年10月24日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大…

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

「アクトレス 女たちの舞台」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.0
女優が自分の加齢や、主に「自分から見た自分というセルフイメージ」と「他人からこう見られている自分」との乖離とどのように向き合うか、という題材からカサヴェテスの『オープニング・ナイト』的なものを想像していたが、その卓越した映像センスの裏に隠れているのは、「演劇に劣等感を抱く(もしくは、抱くべきだとする)映画」、あるいは「芸術的な優越に浸る演劇の傲慢さを逆に見下している大衆映画」のような問題系を演者の自意識に落とし込んだ『バードマン』的な黒さだったりする。台詞合わせのシークエンスに代表されるメタ構造にクラクラしつつもしかし、悪酔いはしない。
ポチャ

ポチャの感想・評価

5.0
大好き。クリステン・スチュワートの尻
映画祭にて。
ジュリエット演じる女優を追ったドラマですが、秘書役のクリスティンがすごくよかった。ほぼこの二人のやりとりで展開するが、途中登場のクロエのキャラも思いの外はまってた。女優業の裏側をかいま見るような感覚も楽しい。QAで撮影話を聞いてなお興味わいた作品。
何層もの物語が奏でるハーモニー。これはやられるやつだ。
やはりクリステン・スチュワートとビノシュの駆け引きが最大の見所であるのは間違いないし、本人が本人を演じながら尚且つ役者として演者である事が凄い。

全てはフィクション。でもこの世にフィクション以外のものが何処にあるのだろうと問うたのは古川日出男。
り

りの感想・評価

-
中年の女性が若さに執着していて痛い感じの話が好きじゃないので微妙
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
とあるベテラン女優の葛藤のみを描く本作…密かにいくつか仕掛けがあって、ニヤリと鑑賞。
と言いつつ、俳優という職業に興味がないと退屈な地味さではある。
原題は“シルス・マリア”で、女優が滞在するスイスの山々に囲まれた絶景の地…その光と影の妙が女優の人生とリンクする。
そう、はたしてあのマネージャーは実在したのか?
そして、時代を超越し、雲の様に演じれれば、真の女優なれると語りかけてる様なラストだった。
ooyan

ooyanの感想・評価

3.0
山並み
May

Mayの感想・評価

2.5
フランス映画らしく、曖昧でよくわからなかった。
劇中の劇の主人公とマネージャーの関係が劇中の現実に反映されてるってこと…?
依緒

依緒の感想・評価

4.0
自分の代表作であった20年前の役柄に対するこだわりと、若さへの嫉妬。
葛藤。焦り。苛立ち。
女なら共感出来る部分が少なからずある作品。

また、若さゆえの向こうっ気の強いモレッツにも、あそこまでは行かなくとも共感できたり。


『マローヤのヘビ』と音楽が素晴らしい。正にうねる蛇が岬をやって来る様は必見。

ラストで見せる、マリアの乗り越え吹っ切れた顔が凛々しい。
>|