アクトレス 女たちの舞台の作品情報・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台2014年製作の映画)

Clouds of Sils Maria

上映日:2015年10月24日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大…

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

「アクトレス 女たちの舞台」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.0
女優が自分の加齢や、主に「自分から見た自分というセルフイメージ」と「他人からこう見られている自分」との乖離とどのように向き合うか、という題材からカサヴェテスの『オープニング・ナイト』的なものを想像していたが、その卓越した映像センスの裏に隠れているのは、「演劇に劣等感を抱く(もしくは、抱くべきだとする)映画」、あるいは「芸術的な優越に浸る演劇の傲慢さを逆に見下している大衆映画」のような問題系を演者の自意識に落とし込んだ『バードマン』的な黒さだったりする。台詞合わせのシークエンスに代表されるメタ構造にクラクラしつつもしかし、悪酔いはしない。
papi

papiの感想・評価

5.0
オーバー40全員全力でビノシュに肩入れして観るよね⁉︎若いお二人も素晴らしい演技ですが、ビノシュの渾身に血の涙流さずにいられない!たるんだ裸体をしかもピチピチギャルと並んで晒す気骨、ジジイを誘って袖にされる虚しさをネットでギャル調べて晴らす怒涛の虚空、あなたの為の芝居って言ってた演出家にあっさり軽くあしらわれ車で置き去りにされそうになった時の心からの驚き顔、ビノシュ凄い!できませんよ、映画の通り、女優ならこの役やりたくないに決まってますよ、やりきったビノシュに参拝したい気持ちでいっぱいになりますよ〜!老境踏み絵映画。
鱗子

鱗子の感想・評価

4.3
わたしのド真ん中だし傑作。圧倒的ホンに平伏した。いやもう、ありがとうございました。
こ

この感想・評価

-
思ったより希望が持てる最後
フランス人ってなんでこんな意地悪なんでしょうねえ(ニヤニヤ)。
Yarrtt

Yarrttの感想・評価

4.5
1つの物語が幾重にも解釈される様を、その可能性を、同時に1つの画面に立ち昇らせる。

それはどのアスペクトに共感するか、どのキャラクターに共感するかという単純な選択肢で終わる事なく映画の構造を多層的にする。


あと演技が最高。
思ってた感じとは違ったけど、面白い
ネットとかスマホを排除しないアサイヤスにはとても好感を持つ。
無駄にシリアスな映画になると思ったら、以外と無駄じゃなくて人間らしくて見やすかったです。
Mina

Minaの感想・評価

3.3
“It's theatre. It's an interpretation of life. It can be truer than life itself.”
c

cの感想・評価

1.0
20180513
>|