アクトレス 女たちの舞台の作品情報・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台2014年製作の映画)

Clouds of Sils Maria

上映日:2015年10月24日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大…

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

「アクトレス 女たちの舞台」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.0
女優が自分の加齢や、主に「自分から見た自分というセルフイメージ」と「他人からこう見られている自分」との乖離とどのように向き合うか、という題材からカサヴェテスの『オープニング・ナイト』的なものを想像していたが、その卓越した映像センスの裏に隠れているのは、「演劇に劣等感を抱く(もしくは、抱くべきだとする)映画」、あるいは「芸術的な優越に浸る演劇の傲慢さを逆に見下している大衆映画」のような問題系を演者の自意識に落とし込んだ『バードマン』的な黒さだったりする。台詞合わせのシークエンスに代表されるメタ構造にクラクラしつつもしかし、悪酔いはしない。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
これはビノシュの闘いであって
クロエなぞ取るに足らないもの。

時間、ひいては人生を一筋の道だと考えるビノシュにとって、人生を刹那的に生きるクロエをこれっぽっちも肯定できない。
そこに不安と焦りと嫉妬を感じる。しかしクロエは刹那的に生きたい訳じゃなく、このようにしか生きられないだけで、肯定されようと1ミリたりとも思っていない。だから彼女は強い。

「この作品は物体のよう」
劇中の台詞も、キャスティングも
全て確信犯的で
クリステンの行方さえ、分かりきっていたことのように。
クリステンの存在感、佇まいが何より素晴らしくて、
ずーっと惹きつけられていた。
彼女が主人公も、観客の心をも奪い去る。

当て書きとしか思えないので
役者名で語ってしまう。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.4
年齢を重ねても若い頃の想いや感覚や価値観に左右されるのは誰でも経験することだが、大女優の場合にはこれが演じることと直結するために、自分自身との葛藤や若者たちとの微妙な考え方のずれに苦しみながら、現実を少しづつ受け入れようとする女性を、ジュリエット・ビノシュが見事に演じている。
流石は円熟期の女優!オンとオフの切り替えが凄い。
自分の乗り気ではない台本も読んで見たら、迫力満点。
スイスの風景も一見の価値ある。
ひろ

ひろの感想・評価

2.7
クロエたんなかなか出てこないし
出てきたら映画の中の映画でまた変な役やってるしww

秘書さんアンジェラアキっぽかったな〜

老いは誰にでもやってくるけど女優さんって本当酷だな〜と思ったり。
クロエたんもそのうちお母さん役とかやるようになるんだよな〜

このレビューはネタバレを含みます

地味な映画なんだろうな、寝るかな〜と思ってたらぜんぜんそんなことはなく、とても面白かった。

劇中劇の稽古を繰り返す主人公マリアとそのマネージャーであるヴァレンティン。二人の姿を観ていると、どこがセリフでどこが素の会話なのか曖昧になってくる。そして劇中劇の主人公とその相手役の関係はマリアとヴァレンティンの関係に重なり、ついには演じているジュリエット・ビノシュとクリステン・スチュワートの関係にすらも見えてくるという。その複雑であり同時に単純な構造に目を回すこと自体が快楽と思えてくる不思議な映画。

しかしヴァレンティンはどこに消えたのだろう? もしかしたら彼女は最初から存在していなかったのかもしれない、とすら思える。彼女はマリアがいろんなものを受け入れる過程で見た、幻なのかもしれない。「マローヤの蛇」のように。
一本調子すぎて退屈。
短髪はオッサンだね…
若くもなく、年老いてもいない女性の葛藤。
演技は良いけど、なにせ退屈。
スイスの自然を堪能するための映画ではない。
カシコ

カシコの感想・評価

2.5
【過去記録】
>|