シューズ

フューリーのシューズのレビュー・感想・評価

フューリー(2014年製作の映画)
4.0
最初 うわぁ二時間半くらいあんのかぁ、
って思ったけど全然長く感じない。それほど強烈

その時は戦争で、そこは戦場。
それをこれでもかってくらい感じられる映画でした。ノーマンの顔が終盤に近づくにつれて兵士の顔になってくのが悲しい。

軍曹の台詞。

理想は平和で
歴史は残酷

いくつもの戦場を駆けた男だからこそ、この言葉の意味が分かるんだなと思いました。

僕ねぇ、エマのとこがもー悲しくて仕方なかったよ。一回会って、言葉通じないけど一回話して、一回ヤって、そのたったの一回で心の奥底の愛が芽生える。 けれどそこは戦争で戦場、、