フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

hk

hkの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

戦車の中ってああなってるんだね。。

何の躊躇いもなく人を殺めていくシーンに戦争は人間を人間でなくするんだなと…
kazu

kazuの感想・評価

-
記録
タバコ吸う所かな
Ham66

Ham66の感想・評価

4.1
戦争物は個人的に好きじゃない。故に詳しくもない。何故だが、戦争体験した爺さんたちから話を聞いている様な生々しさを感じた。それが凄みにも感じた。
お信

お信の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


ドンのお父さん感がすごい。

ヒトラー率いるドイツ軍と連合軍が戦う第二次世界大戦が背景。
ブラッドピッド演じるドンはフューリーという戦車に乗り部下たちと戦争の前線を進んでいく。死んだ副操縦士の代わりに配属されたノーマンは人を殺すことが出来ずドンや仲間たちに責められる。
しかしドンは父のように全てを教えノーマンを立派な兵隊、そして男に育てていく。

フューリーを我が家と呼んだり、無茶苦茶ではあるがたくさんのことを教えるドンはみんなのお父さんのように見えた。

他の仲間もいい人ばかりでラストシーンはウルウルさせられる。

ここからは私の意見だがシャイア演じるバイブルはゲイなんじゃないかと思った。そして思い人はドン。それを知った上でドンが接してると思い最後のシーン見ると余計に感動する。

Ideal is a peaceful, history is violent
キク

キクの感想・評価

3.6
戦争が身近では無い最近の日本人の自分には感情移入が難しい反面、こんな事もあるのかと学べる作品
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2015/8/12鑑賞(鑑賞メーターより転載)
クラシック映画ではたまに目にしてたが最新の映画では久々に見る、戦車が中心の地上戦。何よりも徐々に味方を失っていく過程、そして単騎でドイツ軍と玉砕戦を繰り広げるクライマックスでの銃弾雨あられの度合いが半端なしで、軍事マニアの親戚が熱く語っていた理由が良く判った(笑)。配属された純粋な青年が目の前で起こる残酷な現実を経て徐々に「一般社会での正常さ」を失い「戦場での正常さ」を身に着けていく過程もしっかり描かれていて、単なる戦争万歳でないメッセージ性も強い。あの「見逃し」だけはどうも腑に落ちなかったが...
ぶんご

ぶんごの感想・評価

3.7
メインの5人が凄くかっこ良くみえたのですが、やっぱり戦争は人の心を壊していくものだと改めて思いました。
>|