フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

Masaki141

Masaki141の感想・評価

4.1
秀作。男くさい。

新兵が成長していく物語としては
同系ものの傑作プライベート・ライアンが
思い浮かぶけど、それに負けてないくらい
こっちも傑作だと思う。

監督、キャストだけ見ても
見る前から面白いのはわかってる(笑)

エンドオブウォッチのデヴィッド・エアー
ブライト、スーサイド・スクワッドでも
デヴィッド・エアーと組んだ撮影の
ローマン・ヴァシャノフ
信頼デキる男マイケル・ペーニャ
クズだけど渋い役1位のジョン・バーンサル

最高のチームやないですか…

戦闘のシーンもごちゃごちゃしてると
思いきやさすがのデヴィッド・エアー
お互いの戦車の位置関係や
どこを狙えばいいのか、何故勝ったのかを
しつこくない程度にちゃんと説明してくれるため
頭がこんがらずに見れる。

こんないい映画撮れるのに
何故スーサイド・スクワッドは
失敗したのか……………
ふみこ

ふみこの感想・評価

3.6
残酷な描写の中にも、感動があると思った映画
Dongchen

Dongchenの感想・評価

4.1
痛くて、苦しくて、重厚な映画だったと覚えています。
Zigi

Zigiの感想・評価

4.1
見直し
戦争映画とヒューマンドラマ感を足したような感じかな
戦車とか戦争映画好きな人にはオススメかも
ブラピも最高でした
mofu

mofuの感想・評価

3.6
ブラピ率いる5人の兵士を乗せたフュリーと名付けられた戦車でたたかう戦争映画。

ブラピ、とても荒いひとだけど、この人についていけば大丈夫!と思わせるような役柄を演じるのがすごかった。自ら悪役を買って出てまで"戦争とは"と教えている。
ブラピ、シブくてかっこいい。引き出しが多い人だなぁと思った。


はじめは、新人のノーマンの目線に立って物語を観ることができたので感情移入してしまった。
ノーマンの戦いを通しての成長は、この5人だったからこそ、見れたものなんだろうな、と思った。

ノーマンを救った、きっと戦い慣れていない新米兵士のおかげで、ノーマンは、一番最初の頃に自分が感じていた人に対する大切な気持ちを忘れずに生きていけるのではないかと最後考えた。そして私たちもまた然り。
>|