フューリー(2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:135分
    監督
    デヴィッド・エアー
    脚本
    デヴィッド・エアー
    キャスト
    ブラッド・ピット
    シャイア・ラブーフ
    ローガン・ラーマン
    マイケル・ペーニャ
    スコット・イーストウッド
    ジョン・バーンサル
    ゼイヴィア・サミュエル
    ジェイソン・アイザックス
    ジム・パラック
    アナマリア・マリンカ
    ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
    クリストファー・マレキ
    クリスチャン・コントレラス
    あらすじ
    1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

    「フューリー」に投稿された感想・評価

    War is over
    じゃない現実。。。

    このレビューはネタバレを含みます

    戦争映画で戦車メインはなかなかかいので新鮮だった。シャーマンとティーガーが好きなので尚面白かった。
    右も左もわからない新米兵士が変わっていく様が良いのか悪いのか、複雑な気持ちになります。1人だけ生き残って英雄と言われるが彼は喜べないだろう。

    最後のEDは本物の映像だと思われます。

    このレビューはネタバレを含みます

    戦争映画ということで見ていて心が苦しい場面が多々あった。
    ドンコリアー(ブラッドピッド)の命を張り戦いから絶対に逃げないその生き様がかっこよかった。途中の女性2人を大切に扱うところなどを含めかっこいい男だなと思った。
    新兵のノーマンが始めは怖気付いてたのに最後は自主的に戦いに残るといったときは上がった。
    もしも自分がこのような状況にとか考えるとすごく怖気付くんだろうなと考えながらみてた
    人間の生と死。戦争の怖さ、悲惨さを改めて感じ、その状況での仲間との友情の大きさを感じられる映画でした。
    内容はまぁよかったが、規模がちょっと狭い映画でした。でもリアルではありました。
    >|