フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

8I

8Iの感想・評価

3.5
俳優が好きな映画やドラマに出てる人ばっかりで豪華
めし

めしの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

男臭い映画。

かっこいいけどテーマは重い。
マシンの成長の物語とも取れるのかな。

最後の最後、マシンが救出されたシーンに色々考えさせられた。
「自分はヒーローなのか?」みたいな…

SSに見逃されるシーン、人間の本質的な希望というか残虐な戦場での人間味というかそういうの感じた。

飛んでいく銃弾の光?色?がついてるのがあんまり好きじゃない。

2017/12/12 amazon prime video
すごき!
ちあき

ちあきの感想・評価

4.2
これは、良い
あこ

あこの感想・評価

4.0
記録。
jaja

jajaの感想・評価

-
こうした極限状態にあって、自分を見失わず尚且つ必死に部下を守ろうとするドンと、平和な時代に生きてカッコの良いことばかり言うわりに部下を守りきれない私。この彼我の差に、なんだか観ていて恥ずかしくなってしまった。▼戦場での理不尽さを一番分かっていたのはもちろんドンなのだ。ひょっとしたら、一番苦しんでいたのもドンなのかもしれない。だから、新兵ノーマンには早くその理不尽さを乗り越えさせたかったのだろう。▼戦争は理不尽なだけでなく、限りなく悲惨だ。「理想は平和だが…」と言ったドンの言葉が重くのしかかる。
り

りの感想・評価

-
三銃士の主人公と、ブラッドピッド!
リバイバル版って知らなかった
KANAKO

KANAKOの感想・評価

4.0
戦争、仲間!
暗いし重いけど戦争について考えさせられる
ブラピかっこいい!!
>|