フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

mushikera

mushikeraの感想・評価

3.6
戦闘シーンなんか、ものすごくリアルに描かれてて、戦争の怖さが伝わる。
戦争ものはあまり好きではありません。この映画は戦争の悲惨さ、兵士の恐怖心などを良く表現出来てると思います。しかしストーリーの構成があまりにも中途半端に思えました。彼は本当に英雄なのか?
おはD

おはDの感想・評価

4.0
興奮もハラハラも切なさも戦争映画のいい所が全て詰まった名作だと思う。
wakaba78

wakaba78の感想・評価

3.7
迫力のある戦闘シーンが溢れてます。
ブラッドピット演じるウォーダディ。皆には見せず苦悩している姿が胸にくる。
最終局面、死を覚悟し仲間と共に「最高の仕事だ」と自らを奮い立たせながらも口元で震える煙草…。この作品ではこういった言葉にならない心の叫びがものすごく伝わってきます。
戦争を知らない新兵があっという間に染まっていく所は人間の順応性の高さと残酷さを感じる。
最後にかけられる言葉に彼はこの後ずっと苦しみ、葛藤していくことになるのだろうと思わせる。
カイル

カイルの感想・評価

3.8
戦争映画は点数がつけ難い。
とりあえずそういう時は「3.8」と決めた(^.^)
以下ネタバレ注意。

第二次世界大戦末期のヨーロッパ戦線が舞台。
この映画では、アメリカの主力戦車シャーマンとドイツのティガー戦車との戦いが描かれているので戦車好きならそれだけで面白いのかなと。

戦車フューリー号に乗るウォーダディーと呼ばれるカリスマ、ベテラン兵士をブラッド・ピッドが演じている。シャイア・ラブーフは、今まで観た彼の出演している映画の中では一番良かった。

戦争映画ではよくある描写なのかもしれないが・・・
ウォーダディーことドン・コリアーと部下たちは皆ハイになっているのか?とても普通の人には見えない。元々そういう気質があるのか、殺すか殺されるかの極限状態の中でそうなっていったのか・・・?

戦闘経験ゼロで、突然コリアーの部隊に配属されたローガン・ラーモン演じるノーマンでさえも最初こそ普通の人だったがあっという間に順応していく。「くそナチ!くたばれ!」と叫びながらバンバン撃ちまくるシーンは、それまで素人っぽかっただけに余計狂気を感じる。

時々のぞかせるこの人結構良い人かもって感じる部分は、普段とのギャップ効果かもしれない。

やりたくないことも任務のためにやらなくてはならないのか・・・

何百人の敵とたった1台の壊れた戦車で戦う意味があったのか?
あの状況普通なら逃げないか?!
自分なら逃げるぞ。何のためにあそこで死ぬんだ?英雄と呼ばれなくてもいいじゃないか!あそこで逃げたって誰も責めないだろう。
と現代の一般人目線で思ってしまった。
Maeda

Maedaの感想・評価

4.4

個人的にはとっても気に入った作品‼︎

戦闘シーンもさる事ながら
新兵の戦場での葛藤やそのチーム関係
などが綺麗に描写されていて。

新兵の気持ちに入り込んで楽しめる
映画でした‼︎

何人かお気に入りの俳優が
出演していてそこも良かった。
今作は、第二次世界大戦終戦間近の戦時下のドイツで戦っていた戦車乗り達を描いた作品です。

この作品は、第二次世界大戦時に、実際に現地で戦っていたという90歳くらいの方に色々とお話をお聞きして、それをもとに作られたと言うことです。

よって、この作品での戦車内の様子が妙にリアルなのはそういったことなのではないでしょうか

そして、もっというとこの作品は、
戦車なんて全く乗ったことがなく、人を殺めたことは一度たりともない全く使い物にならない新米兵士が、様々な体験をし、自分の意思で敵兵を殺めるまでの成長を描いた作品でもあります。

ましてやドイツが追い込まれ、
女子供までもを戦争に動員していっていた中で、
相手は子供だけど、打たなければ見方が殺られる。
あの子供たちも戦いたくて戦っている訳では無いけれど、殺らなければ隣にいる仲間が殺られてしまう。という辛い気持ちを抑えて戦っている兵士の、ブラッド・ピットの表情はとてもリアルで素晴らしい俳優だなと感じました。

とても素晴らしい作品です。

是非ご覧ください。
尚、少しばかりグロテスクなシーンがございます。あらかじめご了承ください。
>|