フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.0
こっち来て観た映画の中でブッチギリで何言ってるか聞き取れなかった…

「ウォールフラワー」に続く、ローガン・ラーマンが環境の変化や周囲の人々との出会いによって成長していくシリーズとしても楽しめます。

12year a slaveとか、こういう映画に出資してるブラピは偉いと思いました。
korokichi

korokichiの感想・評価

3.7
新米兵士ノーマンがいることで、リアルな感情が描かれてる。理想は平和だが、歴史は残酷、が印象的。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.8
とにかく壮絶。
殺された後の姿とか、それをそのまま戦車で踏みながら進んだりとか、リアルなんだろうなぁと。

戦争ものを扱ったドラマという感じで、とても心に訴えかけてくるものがあったように思う。

あと、トランスフォーマーの人出てた!
森

森の感想・評価

2.9
ティーガーのデカさにびっくりした。戦争の悲惨さが描かれていて何かと考えさせられる。
3回目の視聴。定期的に観たくなっちゃうんだよねぇ〜。
戦車映画と言えばこれでしょ。
ブラピもおじさんになっちゃったなぁ。
RF5

RF5の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

もっと戦闘シーンがほしい
あまりない
話が長い
タンク型ロードムービー。

家族ごっこでは何にも深掘りされず疑問点ばっかり。考証されてるんだろうか、本当いらない。
CHIKUWA

CHIKUWAの感想・評価

3.7
見やすかった
takayama

takayamaの感想・評価

3.2
特に銃器とか戦車とかに萌えの感情は抱かないので、この手のドンパチの戦争映画は中々見ないのですが、評価の高さとブラピなので。良くも悪くもやっぱりドンパチ。
アメリカの作る戦争映画の見方が分からないですね。美談にしたいんでしょうけど、ちゃんと戦争の残酷な面も取り入れて、で結局それ踏まえて男たちの美談に持っていく、というお約束の感じ。今までに見たことある感じ。
素人兵士のノーマンの存在があって、見やすかったです。
>|