フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.0
こっち来て観た映画の中でブッチギリで何言ってるか聞き取れなかった…

「ウォールフラワー」に続く、ローガン・ラーマンが環境の変化や周囲の人々との出会いによって成長していくシリーズとしても楽しめます。

12year a slaveとか、こういう映画に出資してるブラピは偉いと思いました。
ここまで戦車メインの戦争映画は初
戦車VS戦車という手に汗握る攻防
閃光のように飛び交う弾により緊迫感が満載

リアルな戦争なのか、唐突さが凄い
ドラマチックにはせず、いきなり事が起こる

ブラピの存在感は勿論のこと、タイピストの青年が良い
そして、シャイア・ラブーフが脇に回るとここまで光るのか
良い味を出していたと思う

強いて言うなら、ラストにもう少し説明が欲しかった
でもそれも、多くを語らない良さなのかも知れない
戦車での戦いって、あんな感じなのか…
戦いの中で、容赦なくたくさんの人が死んでいく様を、タイピストの新兵の目を通して描く。純朴だった青年が、敵をたくさん銃撃するようになり、もう元の純朴青年には永遠に戻れない。戦争の過酷な状況の中で変わっていく青年を、ローガン・ラーマンが熱演!
しかしブラピは最近、どんな役をやってもブラピに見えてしまう…いい役(美味しい役)が多いよね。もっと意外な役もやってほしーな。
M

Mの感想・評価

4.0
戦車隊の兵隊たちの強い気持ちがかっこよかった
戦争映画でも初めて見る戦車がメインの戦争映画。戦闘シーンもバンバン撃ってくれて、その弾道目に見えるから迫力があって良い。でも、最後あれはなんだったのか…
DK

DKの感想・評価

3.6
Tiger-Ⅰ大好き
Oscar

Oscarの感想・評価

3.8
ガルパン一挙したそのノリで観てしまったことを、心より恥じる。
熱く、重たく、男臭いシリアスな戦争映画でした。ごめんなさい。
戦車道とは比べ物にならないほどにリアル、残酷、現実の闘い。
戦車の後ろに回って攻撃って、現実だとすごーく大変で無理のある作戦だということが良くわかりました。
ブラピ、ごめんなさい。
戦車隊長のブラッドピット。戦車戦は結構地味だけど迫力ある演出で飽きる事なく観ることができた。
それにしても最後の作戦、あまりにも無謀過ぎません⁈
>|