フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

グレディ

アンタの優しさ

わかってるよ😏

ジョン・バーンサルがグレディにピッタリやな~

名脇役です

あと
ティーガー
カッコいい✨
SUI

SUIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

間違って配属された通信兵のノーマンが、ブラッド・ピット演じるドンから目をかけられる理由は不明だし、散々嫌がらせをしていたグレーディーから突然「お前はいい奴だ」と認められる意味も分からない。
ナチスSS(親衛隊)から奪取した町で出会ったエマとも、いとも容易くいい関係になっちゃう。

出会ったといっても、エマからしてみたら突然連合軍の兵隊が押し入ってきたわけで、ノーマンも得体のしれない恐怖の対象の一人にすぎないはずだ。事実彼女はベッドの下に隠れていたし、見つかった後も何をされるかわからず恐怖に慄いていた。
にもかかわらず、である。
ノーマンがちょこっとピアノを弾いた途端にあっさり心を開き、楽しげに歌までうたっちゃう。そして無事ベッドイン。

ピアノが弾けるって素敵だね!
これからでも遅くない、俺もピアノを習おう、そう決意したくなるエピソードだ。

兵士に向いてないノーマンの成長記なのはわかるけど、付け焼き刃なだけに結局最後は1人で逃げ出すことになる。
そしてなぜかナチの少年兵から奇跡のお目こぼしを受け、最期に仲間から助け出されたら「お前は英雄だよ」と持て囃される。
アメリカ人の英雄好きにはホトホト困りものである。
結果として、よくある戦争映画の域を出ないどころか、B級あるいはC級映画並みの陳腐なストーリーにしか見えない。

けど、戦車戦はカッコよかったし、戦闘シーンは迫力があって白熱したので、甘々で及第点しとしたい。
グロテスクだけどそのおかげで「カッコいい」戦争を美化するものじゃなく「怖い」と思わせてくれる映画だった
戦車のディテールも良かったけど、ただティーガーがかませ犬みたいになっているところとかが残念。
これは良作。
チームみんなの個性も立ってて、
特に新兵の心理描写は素晴らしかった。

戦闘シーンもめっちゃリアルやし、
すごいヒリヒリした空気が上手く表現されてると思う。

語りたい事だらけや。
テンポが良くてグイグイ引き込まれた
パニッシャー、、、、
Chai

Chaiの感想・評価

5.0
ダイスキ♥️
第二次世界大戦のドイツ侵攻を描いた作品。
私は戦争ものは好きなので正直に言うと、目新しさはなくどこかで見たような感想でした。ドンがブラピである必要があったのかもやや疑問です。もちろん演技は素晴らしくストーリー展開も流れるように進むので一気に観れました。特に戦車内での緊迫した雰囲気はこっちまで手に汗握る感じでした。
>|