フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

ローラン・マーガンがブラピとドイツ女の叔母と姪(かなよく覚えてないけど)の部屋に押し入ってなんやかんやのシーン、ローラン・マーガンと姪がいい感じになってやるんだけど、好きなシチュエーションでたまらんかったけど、とりあえず、ローラン臭くないんかな〜身体臭くて汚くない?フェラとかどうだったんかな〜?って気になった。
ラストは見応えあって良かった。
あ、そうそう、今作だけに唯一許可され使用されている当時の本物の戦車があるらしく、町山さんが興奮してた。
分かる人にはすごいね貴重な作品みたい。
はまち

はまちの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

記憶に残ってる戦争映画は、プラトーン、アメリカンスナイパーだけど、新しくFURYも追加する。
ブラピが渋すぎる。任務と部下への責任を一身に背負うその生き様に、男を感じずにいられない。こんなに戦争をカッコよく描いていいものか、疑問を覚えるレベル。
決して成長とは言えない、ノーマンの経験と変化が、戦争の虚しさ・恐ろしさを教えてくれる。
過激なシーンは多いし、戦闘を「最高の仕事だ」っていう問題発言もあるけど、プラピ史上最高傑作と呼ばれるのも頷けた。
戦場で躊躇いなく人を殺せるようになるのが兵士としての成長だとしても、上官に抱けと命令されて無辜の市民を抱くのは自らの品位を貶めるだけじゃないのか? エマも満更じゃなさそうだったからまあ良いけどさ……。
そのノーマンの倫理観の謎を気にしなければ、色んなシーンでの戦車の活躍を楽しめるし、男たちの並々ならぬ覚悟や葛藤というドラマもあるし、エンタメ寄りの戦争映画として見応えのある佳作だと思う。
Soh

Sohの感想・評価

-
「最高の仕事だ」「ああ最高だな」「クソ最高だ」
しん

しんの感想・評価

3.6
デヴィット・エアー、そしてブラッド・ピットのこだわりが随所で垣間見える作品でした。実に"アメリカ的"な感じはしましたが、メッセージ性も強く在ります。
SS、ドイツ軍、ドイツ国民、アメリカ軍。カテゴライズした全てに戦争を望まない人間がいるという忘れがちな事を巧みに表現していました。
ドイツ制圧へ向け進撃する戦車フューリーの物語。

迫力ある戦車の戦闘シーン。上官のブラピかっこ良い。戦地のみの描写なので物語の広がりは少ないのかもしれない。
>|