フューリーの作品情報・感想・評価

フューリー2014年製作の映画)

FURY

上映日:2014年11月28日

製作国:

上映時間:135分

3.8

あらすじ

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできな…

1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。

「フューリー」に投稿された感想・評価

ナナシ

ナナシの感想・評価

4.0
脚本よし
面白かった。
戦闘シーンも迫力があって満足。
戦車同士の対決はアガる。
戦車ってだいぶ頑丈なんだね。
しかもティーガーI戦車は本物で世界で唯一走行可能な状態で保管されている車輌らしい🇩🇪

これ全部1日で起こったことだと思ったら濃い一日だな。
特にノーマン(ローガン・ラーマン)からしたら戦闘に参加したこともないのに戦車部隊に配属され、無理やり殺しを教わり食事をし戦車対決してからの5対300だから劇的1日だよね。

そう考えると本当の主役はブラピではなくローガン・ラーマンなのかもしれない。
新兵の成長物語的な?
でもこれを成長ととらえていいのかわからないけど…。

その他キャストもシャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルと我が強い感じも良かった。

戦闘シーンはちょっとドイツ兵がマヌケぽかったかな。
あと弾道が赤や緑なのはスターウォーズに見える。
戦争の中で若者が強制的に大人にならざるを得ない作品は見ててしんどい。
直接的な人体吹っ飛ばし等の描写も多いので苦手な人には厳しいかもしれません。
でもこれはリピートありだなぁ……
Horoscope

Horoscopeの感想・評価

3.6
ノーマン頑張った。
記録。また見るべき作品。
se7enteen

se7enteenの感想・評価

2.5
2017/10
prime

ブラピ好きだし戦争映画も好きなので期待してたが、戦争アクション映画って感じだった

食卓のシーンは好き
新米兵隊ノーマンが戦闘マシーンになる映画。戦車がメインの映画、弾の軌道は分かりやすいように色をつけられ、戦争と一般人の関係も随所にある。
超おすすめ 4-5
おすすめ 3.5-3.9
良作 3-3.4
以下う〰️〰️ん🐭💦
>|