イチロヲ

音楽のイチロヲのレビュー・感想・評価

音楽(1972年製作の映画)
4.2
性的不感症を訴える女性患者を受け入れた精神科医が、治療を続けるうちに彼女の深層心理に潜んでいる不幸なトラウマを見出していく。三島由紀夫の同名小説を映画化した観念的なドラマ作品。性的弱者の抑圧された人間心理を通して、自己実現と幸福論を説いている。※私は原作を読了済み。

「人はなぜ嘘をつくのか?」「人はなぜ言い間違いをするのか?」

その「なぜ」の部分を、性的マイノリティを主題にしながら追究していく。

深層心理を暴こうとする精神科医に対して、ヒロインの女性は抑圧された記憶を外界に表出させないために、虚実を混ぜた抵抗をする。しかし、彼女の妄言には、すべて意味があることを精神科医は知っている。この、腹の探り合いがすごく面白い。

内容は原作に「ほぼ忠実」といえる。論理の飛躍が微量に感じられるけれど、それは原作における一人称語りや手紙のやり取りがカットされているため。原作は実在の学説を引用しながら、人間心理を懇切丁寧に解説していくが、映画版にはそれらの描写がない。

増村保造監督が十八番にしている、胸焼けするほどのキ○ガイ演技が全編に漲っている。そこに原作とのミスマッチがあるようにも感じられるが、個人的には許容範囲内。

「女の肉体は大都会と似ている。そこにはあらゆる美徳、悪徳が隠されている」

原作の最後のほうに出てくる、この台詞は本編に採用して欲しかったかも。