0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

記録。
長さを感じることなく観れました。
安藤サクラの演技に
ただただ圧倒されます。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
Eri

Eriの感想・評価

3.8
長くて全部見れないかもと思ったが、ひさびさに最後まで観れる邦画だった。
m

mの感想・評価

3.5
『生きる』ということを考えさせられた
康夫(竜爺)と茂ジイ(坂田さん)のストーリーが個人的に好きだった
ラストシーンの赤いワンピースと茶封筒に入った百万円…温かくも切なくもなった
後半のメッセージ性が強すぎて、結局監督が伝えたかったことは何だったのか分からなかった
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.3
めちゃくちゃ長いので体力を消耗する。
最後にはどのおじいちゃんも愛が芽生えている感じがよかった。
安藤サクラのビジュアルの丁度良さ
もっと綺麗でも、もうちょっとイケてなくてもはまらなかったような気がする
下品さとたくましさを体現、してるのかどうかはわからないけど幻想じゃない部分に共感の記録
shoepexe

shoepexeの感想・評価

4.0
安藤サクラ的偏屈爺さん懐柔のススメ
196分。。。3時間超えとなるとやっぱ観る前に構えちゃいますね。

長い理由としてはオムニバス形式になってます。
ヘルパーのサワと老人達。

笑える感じもありますが「生きる」っていうのをすごく考えさせられました。
主人公が言うセリフで私もふと感じていたこともあったり。
いろんな人生を生きて来てる人たち。なんだか切なくもなりました。
サワみたいな人間は実際いないでしょうけどマザーテレサのようにも見えちゃいました。
老いるってこんなさみしいものなのかな。。
3分の2鑑賞
そのうち後半を
なので、スコア未定
>|