0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

記録。
長さを感じることなく観れました。
安藤サクラの演技に
ただただ圧倒されます。
ゴトウ

ゴトウの感想・評価

3.4
安藤サクラが義父の柄本明をボコボコにしてたのおもしろかったけど、安藤サクラの曽祖父が犬養毅だってこと最近知った。たぶん安藤サクラは親族の緒方貞子みたいに人に親切にしたいんだけど、まずは国内からなんだということで、まずは老人の心だったんだろうね。姉貴が監督みたいだし。この一族はアジアと仲良くしたり、支援活動したり、めちゃくちゃ人に親切にしたい人たちなんだ。
その究極が「話せばわかる」ってことだったんだな
ア

アの感想・評価

3.7
重いけどいい
うめ

うめの感想・評価

4.0
過去鑑賞
Erina

Erinaの感想・評価

4.5
おじいちゃんたちの心を少しずつ動かしていく安藤サクラ演じるサワが人間力に溢れていて、すごく魅力的だった。
生活のためとはいえ、あそこまで親族でもない人に献身的なお世話をして心を開くことができるなんて。
現代版ヘレンケラーと名付けよう。

いろんなおじいちゃん登場したけど、先生のストーリーが1番ズシンときた。
わずか1人の0.5ミリが山をも動かす。革命を起こす。それってすごいことだと思う。
ペイフォワード的なものを感じた。

そして料理上手はやっぱり無敵だと改めて思った。笑

邦画では珍しい、インド映画バリの3時間越え、覚悟してたけど安藤サクラの魔力にやられて一瞬であった。
shoken

shokenの感想・評価

3.7
悪くないのに長い!
ひぃ

ひぃの感想・評価

3.9
196分。
またまた安藤サクラの演技は良い。

いろんなおじいちゃんが出て来たけど、坂田師匠が1番好きだなぁ。

監督はお姉さんで義理父、義理母も出演されてるんですね。
ストーリーも安藤サクラもとても良かった5.0。ただすごく冗長-1.0。冗長なの隅に置いといたとして、とても良い映画。だけどほんと冗長-1.0。
昨今の安藤サクラの上がりっぷりに乗じて見た「百円の恋」でマザマザとヤラレ、その演技力と人間力の高さが本当だった事を痛感させられた余韻に引っ張られ、姉妹監督により「百円の恋」と同時期にリリースされ絶賛された本作に辿り着いた。

が、しかし。
タイトル前の木内みどりセクションまでは良かったものの、

、、もっとなんつーか、
何かに気づく描写とか、
ハッと現実的になる様な、
そういうカットが無いために、
歯止めが効かなくなって常にリアリティが欠如し、終始フワフワしてる感じが漂って見るのが辛くなっていく。
主人公は一体何がしたいの?
つーのが浮かんではボヤけ、浮かんではボヤけ。
特にアホの坂田師匠のセクション辺りでそれが顕著になり、
決して演技が悪いわけではなく、脚本の適当さなのか、
そんなことねぇだろ。
とか。なり始め。
女の人が描きがちな笑いとか可愛さとか、そういうのが兎に角邪魔。
その後も津川雅彦セクションが続くのだが、このセクションも異様に長く、次の柄本明が出てきた時点での興醒め具合ったらもーーーーー、なかった。
この時点でボヤーーーッと漂ってた優等生感と七光り感、もっと言ったらお嬢様感が前面に出た気がしてねぇ。。
キツかったっす。
俺みたいな労働者階級のパンクスが見たら怒る人多いだろうなぁ。

安藤サクラの姉妹であり、今作の監督、安藤モモコの才能はカメラワークや展開が変わった時の印象的なカット、どこにも無い脚本とかで確かに垣間見れるが、扱ってる内容とテンポ感が優等生具合をかなり醸し出していて、正直、俺はそのなんつーか表面を漂う日本日本した感覚がどうも無理。
介護の映画だったらもうちょっとなんかあんだろ。騙してんのか真面目なのか主人公ももっとハッキリ行動で見せろよ。
と。
そこも介護と奉仕。
社会と仕事。
というテーマがあるのは理解は出来るんですが、、
七光り感でそれを描いちゃーリアルもメッセージ性もねぇだろ。
という変な感情になってしまう。
安藤サクラの演技がどうのとかいうレベルじゃない。

あと、
これで3時間は
なげぇ。

どっちかというと絶賛されていると思うので、このレビューは敵に回す人が多そう。
最後は知らん人だったけどタテタカコだった。
なんだかなぁ。
aicher

aicherの感想・評価

3.3
長すぎ
>|