0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

記録。
長さを感じることなく観れました。
安藤サクラの演技に
ただただ圧倒されます。
普通に考えておかしい。初対面の女が話しかけてきて弱みにつけ込み、家に住み着く。
でもなぜかみんなさわと暮らして幸せになっていってる。

安藤サクラはさすが。彼女にしかこの役は出来ないと思う。

他の出演者たちも演技派ばかりで、特に津川雅彦の演じたじいちゃんが、徐々にさわに心を開いていくのが好きだった。

でも総じて思ったのが、やっぱり料理が上手いっての強みだなー…。
chisa

chisaの感想・評価

3.6
安藤モモ子 姉 監督に
安藤サクラ 妹 女優
良いDNAを受け継いだんですね

人徳なのか勢いもあるのか
周りを巻き込む
演技目が離せない。
期待を裏切らない。長かったけど
見応えありました
安藤サクラさんのお姉さんが監督で義父も出演しているというすごい映画でした。笑
最初は老人を丸め込んでただお金を肩代わりしてもらう最低女の話かと思いましたが、違いました。家に押しかけた後も仕事をこなし金を盗ったりはしない、まるでただのいい人。けれど納得いかない状況で老人と別れることになった時には毎回なんとも言えないような表情をしている。僕が考えるにあの表情は悲しみや恨みの感情ではなく強く生きてやるというこれからを見据えた前向きな姿勢の表れなのではないかと思います。結局のところ0.5ミリの意味があまりできなかったです。
この映画は良い作品ではあったんですが3時間はちょっと長かったです(笑)
安藤サクラがかなり可愛らしかった。安藤サクラと義父の柄本明のシーンがなかなかすごかった。
ma

maの感想・評価

-
2016/02/14
しお

しおの感想・評価

3.7
長かったけど、必要な長さだった。

老いていくのが怖いなあ、自分を失ってしまうのが怖い。理想どうりにはいかないから。
誰かに必要とされてる感がないと人ってだめね。
だけど、どうなるかなんてわからないんだ。
人との距離、社会との隙間、たったの0.5ミリ。
玉露

玉露の感想・評価

3.0
義理の父に乗っかる。俳優とはすごい商売だ
>|