0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

記録。
長さを感じることなく観れました。
安藤サクラの演技に
ただただ圧倒されます。
監督、脚本姉。主演妹の姉妹タッグ。おかしくどこか切ないストーリー。安藤サクラは安心して観られるさすがの女優さん。姉が作るだけあって、妹の良さが溢れる作品。この作品の重要なキーは食事シーンだと感じた。
み

みの感想・評価

3.1
現代版わらしべ長者的ロードムービーかな

サワちゃんが、後ろめたい老人の弱みにつけ込んで、騙したり奪ったりするでもなく、押しかけヘルパーとして、老人たちの孤独に寄り添ってあげようとするのは、最初の老人の願望を叶えてあげられなかったこと、奥さんとの約束を果たせなかったことへの罪滅ぼしか?と思ったけど、最後まで観終えて、あれ?なんで奥さん、そういうじいさんと寝てくれって言ったのかな?あと、なんでその晩に…?とわからないところが残ってしまった

3時間あってすこし長かったけど、いろんな出逢いがあったので、飽きるということはなかったです、ざっくり分けて 5章ある感じです

善行をしたいということでもなさそうで、なにを考えているのかよくわからないサワちゃんがぜつみょうでした
ai7n28

ai7n28の感想・評価

4.1
いくつになっても男は男でいたいんだね
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.0
介護ヘルパーのサワはある日、依頼主のお願いでとんでも無いことになり、仕事も住むとこも無くしてしまう。

そこからふらふらと、いろんなお年寄りとの触れ合いが始まる。
一見、年寄りを惑わし、金品でも巻き上げるのかと思いきや、自覚のない老人たちの気持ちに寄り添い続ける。

最初はどの老人たちも、弱みを握られ、強引なサワを警戒し、不信感を持つけれど、生活を始めると、彼女のいることが日常になっていく。

そんな中、最初のヘルパー先だった依頼主の子供、真と再会。あの後、父の家で暮らしている。サワはそこに寝泊まりすることに。


そして、真の真実を知る。どうして父が自分が生まれる前に出て行ったのか。母は忌まわしい出来事の連鎖を断ち切るために真を守るために男の子として育て、祖父と接触させないようにしていたこと。かなり衝撃的でした。

老人たちがみんな魅力的で、亡き竜じいが出てて、それがまたジーンときた。薄着のサワに別れ際にコートを着せてあげる、それだけでうるうるしちゃった。

しかし、奥田ファミリー総出演、プラス柄本夫妻とは。何を考えているのかわからないサワをサクラちゃんが本当に見事に演じてて、舞台が高知というのも良かった。

別れる人たちの思い出を少しずつ受け取って生きていってるサワ。真とこれから生きていくんだろうか?

長い作品だけど、とても惹きつけられて気にならなかったですね。サワみたいな気持ちを持って生きていきたい。
negi

negiの感想・評価

4.0
ますます安藤サクラが好きになる。。
長いけど、安藤サクラが良い。
y

yの感想・評価

4.1
マコトの母はマコトを守る為に、自分と同じ目に遭わさぬように男に育てた。何故おじいちゃんの部屋にも入らせないのか謎が解けた。

いつだったか、満島ひかりさんが、今まで見た中で一番上手い役者にやすお役の故 井上竜夫さんを挙げていた。観れて良かった。
JackyMam

JackyMamの感想・評価

4.2
めちゃめちゃ良かったわけじゃないけど、津川雅彦の一人独白が本当に良かった。
Alabama

Alabamaの感想・評価

3.8
原作を読んでから。
原作のボリュームは3時間でも納めきれないが、映画では語られなかった部分も含めての演技だなと感じながら見ることができてよかった。
キャラクターも背景も小説のイメージ通り。安藤サクラはじめ、キャストがすごい。リアリティがあり過ぎる。(特にカラオケ店員・東出昌大 こういう奴いる!)おかげで淡々とした進行かつ長いのに全然見れる。
>|