0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

べりい

べりいの感想・評価

2.9
行動の動機が不可解過ぎるんだけど見てるこっちの頭が悪いのかな…?
いろんな人間の生活に潜り込むところが筒井康隆の家族八景って小説思い出した。
とりあえず100円の恋の安藤サクラとは別人に見えた。

人生ってあっという間で恐いよね。
nhk0810

nhk0810の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

長いのね。
安藤サクラの義両親出てるわー、と思いながら見てたら、エンドロールに実母の名前も。

「この人だれ?」
「私の好きな人」
の、セリフでうるっ。

近親相姦のオチはちょっと辛くなった。なくても良かった、、かな。
このポスター、後から見るとじわじわくる…!
ぴ

ぴの感想・評価

4.0
安藤姉妹が好きで、高知が好きで。上映会には行けませんでしたがレンタル開始された直後に観ました。
女、男。こども、おとな。若人、老人。誰一人だって「こうでなくてはならない」ことなんて本当は無いのに、ある程度のそれに縛られなければ上手に社会に馴染んで生きていくことが出来ない。
そんな、上手に生きていくことが出来ない人たちに、少しでも、の肯定を与えてくれる映画。
Unco丸

Unco丸の感想・評価

3.5
気持ち悪くて、人間で。
男と女の境界がはっきりしているかのように見せかけて、人間というベースを大切に描いている。
安藤サクラの演技は、とてつもなく静かだけど、目がしっとりとして画面に出ない表現の豊かさがある。
この人は演じるものを完全に自分にしてしまうから、一瞬たりとも浮いたりしないし、どんなシーンに映り込もうと、どんな空気の作品だろうと、丸で一体化でもしているかのように張り付いて流れている。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白ければ長尺でも良いがこの作品は後半ダレる。
坂田の演技は個人的に全然良くなかったが竜爺はなかなか。
義理のおとんとほぼ顔騎シーンとれるところが俳優一家と一般庶民の違いを感じた。
安藤サクラが割と可愛くみえる作品。
もう...安藤サクラさんにこれ以上リアルな演技させないでほしい。
ってくらい強烈。笑
狂気 役者。

しょっぱなからつらかった...
高齢者は子どもにかえるから、冥土の土産に、とか何とか言っても、男は死ぬまで男ってのが気持ち悪くて受け付けへんし、食べてるご飯吐きそうになった。笑
身近に男の高齢者おらんからやろか、これはサワがヘルパーやったから成り立った、彼女にとって生きるすべでしかない、愛情のない道...なだけ。
というか、ヘルパー時代の復讐か!じじぃ脅してその日暮らし! 笑 持ってるものふんだんに使って!すげーよ!女から見ても!笑

胸くそ悪い、楽しくない作品。
でも女性が作ったからこそ、そして安藤サクラちゃんだからこそいつも教えてくれる、これが自分たちのいる国の現実だよ。って。
すごい、から、やってやれ!に感情が変わった笑
津川さんとこ、なかなかよかった..名演技。ボケたの一瞬でわかったもの..

人間とエロって永遠に密接なの。
死を迎えるのと同じぐらい。

女は家事ができて強ければうまくやれる。
女を武器にするも一つ、女であることを隠すも生きるすべ。
まだまだこんな時代なんだ。
新文芸坐

あの狂気も
白いスニーカーが汚れていく様も

あったかい、ごはんが包み込む

たべることいきること
えりか

えりかの感想・評価

3.6
鑑賞記録。
KIKUCHI

KIKUCHIの感想・評価

3.8
ちょっと長い

台所の窓越しで会話をする津川さんと安藤サクラが良かった

他の方も書かれてるけど安藤サクラって何考えてるのかわからない表情をしてるから
サワにぴったりだと思った

サワさんへ宛てたカセットテープが出て来てからの
戦争の話をし始めたシーンはなぜかわからないけど涙が出た

それと坂田師匠演技上手くてびっくりね

きっと今日もどこかで一人ぼっちで歩いてるおじいちゃんがいるんだろなって
そこばかり考えてしまったけど
この映画に出てくる人は皆孤独だね

あと主題歌が寺尾紗穂さんなのはずるいです
はち

はちの感想・評価

3.6
うーん、うーん………!!笑
安藤サクラって、何考えてるのかわかんない役になるイメージがあって、実際サワの行動はよくわかんないから、いつ裏が出てくるのか警戒しながら観てしまった……何もなく終わった……うーん………絶対好きなはずなんだけど響ききらず………