0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
三時間かあ、長かったなあ・・・。最初の家族での掴みも良かったし津川まではものすごく引き込まれて見ていたんだけれど、柄本編は、あれ、余分かなぁ。大事なとこなんだとは思うけれど、あそこで長さを感じてしまう。でも映画としてとても楽しめました。あんな風に犯罪かってくらいの強引さでもいざヘルパーさんが着くと、それまでの孤独や思い通りにならなかった憤りなどが絡まって、結局人は心を開かざるを得ないのかもしれない。それが老いなのか。ほんと、介護士さんやヘルパーさんって大変な仕事だなと思う。
サワSWAA

サワSWAAの感想・評価

3.9
名前が一緒のサワで嬉しい。爽やかサワデーの人も出ててサワ満足! 身内祭りをニクい演出だぜ。

老いとは美しいものである
それは情景状況ナウタイムではない ただただ清濁飲み込んだ美しいザマである
そこに目頭や眉を動かすのは
全て正解で不透明でありましたねー
長い、はずなのに面白い


R.I.P 津川雅彦
ふじぴ

ふじぴの感想・評価

3.9
キャストからなにから良い。
マチカ

マチカの感想・評価

4.7
え、なんだろう…びっくり!!
すごく良かった
高知ってとこがまた絶妙
この姉妹、最強だな
3時間15分、削るとこない。長い映画はそれなりの理由があるもの
この間亡くなった津川雅彦さん、こんないい映画にも出てたのか〜
安藤サクラ、義理の父とこんな共演…すごいな
坂田師匠、最高!!
ごっど

ごっどの感想・評価

3.8
舞台は高知。安藤サクラ演じるヘルパー佐和に「おじいちゃんと寝てくれない?」の依頼から物語は始まる。佐和は次々と爺さん達の家に住み込み、何故か人生の道しるべをつけてあげる。万引き家族といい、少しだらしないけどこういう役は安藤サクラがドンピシャ。本当に介護とか高齢者社会とか考えさせられる。しかしそれほど暗くは無い。関西人馴染みの竜じい、津川雅彦と故人が出ている所も不謹慎だけどなんかリアルです。
omarushi

omarushiの感想・評価

4.0
触れるか触れないかの微妙な0.5ミリという距離。そこに踏み込めば何かが変わるかもしれない。何か熱い期待の感覚が無意識のうちに自らを動かし、周りにも何かしらの光をもたらしうるかもしれない。登場人物たちが出会ったのは偶然かもしれないが、鬱屈した現状を変え、互いが光の方へ歩むために求め合った結果だと思う。たった0.5ミリの壁を越えることで、大きく前に進めることもある。安藤サクラさんの演技素晴らしかったです。
pidorus

pidorusの感想・評価

3.5
良いとか悪いとかだけじゃないんだね〜〜
おピナ

おピナの感想・評価

3.5
安藤サクラの映画