0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

【36-77】想像以上に“家族”の濃度が凄まじかった。そして、本来あり得たかも知れない意味での「生き様」の映画であったな、とも。
土屋希望、他に出演している作品ないのかなぁ。
わーーん良かったーーー!わーーん

おじいちゃん系に弱い私は(皆さんそうなのかもしれないけど)ギャン泣きでしたね。

安藤一家勢揃いで製作したこの映画、ちょい長編なんですけどほんと、いいんすよ〜〜

いきなりずかずかと人の家に、そんで心にも入ってくるサワというキャラクターが私は好きになったし、サワと出会ったおじいちゃん達もみんな好きになった。

安藤サクラ好きなら見て欲しい、絶対、100円の恋よりとは言えないけど、良かったので。是非。
犬君

犬君の感想・評価

3.4
安藤さくらは可愛い!(断言)
あー、はいはい、そういうのねって話がダラダラと3時間もあるのは苦痛だけど安藤さくらの良さが最高に出てるのが救い。
あとアホの坂田がめっちゃ名演技
kotoringo

kotoringoの感想・評価

4.3
3時間強の作品ですが、鑑賞中から山岸サワの新たな活躍がまた観たいと思わせてくれる、愛すべきキャラでした。

アホの坂田演じるシゲルじいさんが、想像以上に素敵なじいさん。
jun18

jun18の感想・評価

3.8
安藤家の作品。
彼女にしか出せない雰囲気と言葉が散りばめられてる。
しかしつじつま合わせをすると痛い目にあう
安藤サクラが詰まってた〜
映画祭にて。朝の10時から3時間もある重い映画ちょっときついな〜と思いながらも学生500円で安藤サクラ本人が話してるのを聞けるなら!と思い初めて東京国際映画祭に行きました。
話を聞くまで監督と姉妹なんて知らなかった…
Huluにあるけど3時間だからなのか重くて途中で止まっちゃって…ずっと見たくても見れない映画だったんだけど、やっと見れた。

監督がすごく楽しそうに話すから、これを作ってた時本当に終始興奮してたんだろうなぁって伝わる
安藤サクラが振り返っておはようって言うところあのワンシーンでどれくらいの時間喋れるんだろうか

あぁこんな人が作ってるから私たち見てる側も1つ1つのシーンに高揚して映画が好きになっていくんだなぁって思った

朝早くてしかも台風でキツかったけど行って本当に良かった

実際の介護の経験をもとに書いてるからリアルだった
介護はずっとしてるのが辛いのか、それともたまに会って老いた姿を見るの方が辛いのか?
今私自身、私のお母さんもおばあちゃんの介護をしているからお母さんに見てもらいたいなぁ
サワちゃんがとてもかっこいい
ちなつ

ちなつの感想・評価

4.4
東京国際映画祭にて。

自宅でDVDで見るには長くて集中できなそうだと感じたので、スクリーンで見ることをお勧めしたいです。
ただ金銭目的でおじいちゃんを狙うだけのストーリーではありませんでした。
安藤姉妹の人柄も魅力的でした。
じっくりと見ることができてよかった。