0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

FujiiNaoya

FujiiNaoyaの感想・評価

3.5
3時間があっという間でした
というよりか、3時間と知らずに観てたから感覚がおかしかったのかも

安藤サクラの演技好きですね
rika

rikaの感想・評価

3.8
あまりにも最初のシーンが印象強く残っていたから、赤いワンピースを見て涙したシーンではマコトのことが少しわかったような気がして、マコトのことが好きになった。全員の物語それぞれ最後の結末はハッピーエンドと言えるものではなかったとしても、なんだか心が温かくなりました。サワと出会えて良かったね。
織田

織田の感想・評価

3.4
長々と無駄を贅沢に使った映画。
正直、安藤サクラの演技力で持ってた部分が大きいが、津川雅彦演じる真壁先生とのエピソードは好きだった。『博士の愛した数式』に通じる部分も。
http://www.eigakatsudou.com/archives/23328003.html
しょぶ

しょぶの感想・評価

3.8
安藤サクラの演技じゃないみたいな演技がほんとに好きだなーなんか不思議な作品でした
ショッキングな冒頭から始まって、でもさらっとなんでもないような顔して生きていくためにおじいちゃんハンティングしていくサワさん……ジジ活……こんなおじいちゃんたくさん出てくる映画見たことないからおもろかった、リアルだしどのおじいちゃんも、朝の寝顔とかいちいちもう死んじゃったかのようにも見えて、どきっとする
安藤サクラの演技にはじまりなんか全てリアルで、ほんとにそこらへんでこういう人いそうで、不思議な感覚だった〜人の生活を覗き見してるみたいな、だから長かったのに飽きなかったし
介護ってすごい仕事で、知らん人のシモの世話とかするわけだから、だからこんな風にめちゃくちゃな方法で距離を詰められるんだなあとか、0.5ミリってすごい近いもんなあ、そんでもって短いけどでも大きい
言いたい事が色々あるような話だった。安藤サクラの履く化繊のスカートが透けるたびどきっとした。
長かった。柄本さんとのシーンは1番面白くなかった。
先生と坂田さんとのシーンは長いなりに観れた。
しょこ

しょこの感想・評価

3.9
「うちのお爺ちゃんと、寝てあげてくれない?」
こんな映画の始まり方、今まであったであろうか。斬新すぎて目が点になってしまう始末。

ヘルパーのサワは、とある客からのこの申し出を、戸惑いながらも勤め先に内緒でなら、と受けてしまう。
その夜、布団の横で発情したお爺ちゃんと揉み合いになっている間に石油ストーブの火が燃え移り、職も住む家である寮も失ってしまう。そこから始まるサワの放浪の日々。狙い目は、誰にも話し掛けられず孤独でさみしい老人。ヘルパーでの知識を活かしてうまく色んな老人の家へ転がり込む。

安藤サクラの怪演の数々が光る。3時間18分という長い時間、最後まで見終えることが出来たのは、彼女の演技の幅広さとユーモアに富んだ会話の応酬によるものが大きい。

津川雅彦の演じる生真面目で、神経質な老人役もハマり役。不貞を働く少年のように風呂場を覗いてサワの裸体を一目見ようと廊下を彷徨く。微笑ましさすら感じる純粋な性欲。更に、認知症を患い、サワのことを記者だと勘違いをし、壊れたラジオのように戦争での体験談を繰り返す場面。
切々と目で訴えかけてくる迫真の演技。7分にも及ぶこのシーンでは、自然と涙が溢れてきた。

題名の0.5ミリとは、
「静電気が起こるくらい近い、人と人との距離感が0.5ミリ」
と安藤モモコは語る。
現代における人との関係性の構築は希薄になりつつある。そんな中で、作中ニュートラルに人との関係を縮めていけるサワの存在は、不思議と輝いてみえた。
安藤サクラの演技に見ハマる3時間だった。いい作品だったと改めて思う。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0
長いので2日間に分けて観ました。
安藤サクラの佇まいが良く、改めて魅力を感じる。その他奥田瑛一家と親族まで出ているっていうのがある意味リアルで面白いキャスティング。介護なんて先の事だと思ってたけどいつやってくるか分からないよね。切実だなぁ、、
アホの坂田のシーンに癒される。