0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

サワちゃんがとてもかっこいい
ちなつ

ちなつの感想・評価

4.4
東京国際映画祭にて。

自宅でDVDで見るには長くて集中できなそうだと感じたので、スクリーンで見ることをお勧めしたいです。
ただ金銭目的でおじいちゃんを狙うだけのストーリーではありませんでした。
安藤姉妹の人柄も魅力的でした。
じっくりと見ることができてよかった。
鯨書房

鯨書房の感想・評価

5.0
3時間かけて語るに相応しい内容と密度だった。原作よりも主人公のサワが愛らしく感じられると同時に、母性も色濃く描写されていて、まさに安藤サクラのための映画だなと思った。
重く語られがちなテーマ(介護、孤独、戦争、貧困…)を扱いながらも、高尚に論じようとしない訴え方だった。だからこそ、過度に感情移入したり弱者に同情したりするような安易な答えに行き着かず、ただ1人の人間と対峙する時の姿勢を問い直されているようだった。

‪ウサギのりんご、小アジのみりん干し、かぼちゃの煮付け、カレーライス、うどん…どれも全然美味しそうに食べてなかったけど、食べたくなる不思議な食事風景だった。‬
ぐっち

ぐっちの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

単なるお金目的のオヤジ狩りかと思いきや、一人一人に深く関わって結果的に良い影響を与えていく、内容の濃い映画でした
すず

すずの感想・評価

3.9
安藤サクラをめちゃめちゃ好きになった
tanabe

tanabeの感想・評価

4.5
安藤サクラだ、いや違う!いや、安藤サクラだ!とずっと考えながら観てた。素の安藤サクラさんだったんだろうなぁ
柄本明がおにぎり食べてるシーン見たかった…!
MiwaKoka

MiwaKokaの感想・評価

3.0
TIFFにて。

正しいかどうかが、重要ではない。
人は、優しさでできているのかもしれない。
だから、優しさの補充が必要。
介護の対象だけでなく、人として。
さわちゃんの母性が、スクリーンのそこかしこに溢れてる。
マコトくんのエピソードが、キツイ。
でま、さわちゃんとなら、きっと自然体でいられる。