0.5ミリの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

かなり長いけど観る価値はある映画。
欧米映画はストーリーを細かく色んな方向から結びつけるのが本当に上手いがこういうストーリー性はないが観る人がそれぞれの感じ方で100人観て100人感じ方が違う映画を作る事は洋画ではなかなか出来ないと思う。
特にこの作品はそれの代表的な作品になっていて面白ろかった。
アホの坂田の登場シーンは可愛らしくてコミカルだしめちゃくちゃ良い!
よしもと新喜劇メンバーは映画でこんなに実力発揮してくるとは。笑
recoba20

recoba20の感想・評価

4.8
それぞれの家族がとても印象的

1つ、あげると
津川雅彦扮する認知症のお爺さんが、
取材ごっこ?の中で、

戦争なんて馬鹿ですよ、
亡くなった人は気の毒、
生きて戻ってきたぼくは、
うんぬん

最後に直立不動で天皇陛下万歳などのフレーズ

またカセットテープで録音していた彼の認知症前と思われる語り

こんなこと(戦争)を始めた偉い人は悪、
一人一人の気持ちが集結すると、
山をも動かすこと、
0.5ミリ、
うんぬん

すごい。

はあ なんてすごい映画なのか

久々に少し観た。当時鳥肌が立つたのを思い出した
介護ヘルパー女性が次から次へと老人やその家族と触れ合う物語。
3時間16分、目が離せない見応えある佳作だった。

介護ヘルパーしているサワ(安藤サクラ)の姿。
ある家で、「一晩だけ、お願いがあるの。爺さんの冥途の土産に一緒に寝てあげて」と頼まれて寝るが、爺さんが興奮する。この爺さんがサワの顔を舌でなめるシーンは、やや気持ち悪いが、安藤サクラはエライな。
しかし、その爺さんの興奮により、爺さんに火がついて火事となる。
ヘルパーセンターにばれたサワはクビになる。

そんな折、カラオケ店に泊まりたがっている爺さんを見かけ、一緒に泊まってあげて感謝される。

次は、自転車泥棒の爺さんと出会うが、盗んだ自転車を全て返却させて、1000万円を狙う詐欺から助ける。
爺さんは、老人ホームに入るが、自分の宝物という幻の名車「いすず 117クーペ」をサワにプレゼントする。

その後のサワの行動は、この117クーペと共に流れるように進んでいく。

セーラー服写真集を万引きしようとした爺さん(津川雅彦)に「エロじじい」と脅迫。住みこむことに成功するサワ。
ふたりで観た映画が『少女』であり、この作品は奥田瑛二監督作品。その娘(安藤サクラ)が主演、監督もその姉の安藤桃子。
オイオイ、奥田一家勢ぞろいじゃないか、という感じがした。

津川雅彦の爺さんによる「戦争くらいバカらしいことはないですよ」の独白シーンは、かなりの長回しによるもので、ややしつこさを感じてしまう。
このあたり、若干惜しい。

更に物語は続いて、3時間16分観てしまう映画。

なかなかイイ映画を観た。
A

Aの感想・評価

3.5
記録
いい映画なんだけど、ちょっと長いかな…
長い。でも良い。
Hana

Hanaの感想・評価

3.8
3時間を超える映画だったけど
飽きずに見れた。最後はよくわからん
おじいちゃんたくさん出てきた
切ない、安藤サクラ好きになった