0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

すんごい長かったけど、飽きずにみれた。
安藤サクラのでてる作品大体好き

安藤サクラのあの何とも言えない、安藤サクラにしかできない演技、、、生きるとはなんなのか
自分は毎日必死に生きているのか

おじいちゃんのエピソードどれもよかった、てかおじいちゃん達可愛すぎるよwww
おじいちゃん達を演技した俳優さん達の熱演ぷりも凄かったな、、、お母さんがスナックのママしてて良くおじいちゃん見るからリアル過ぎて怖かった
あり得るあり得ないはなし

ラストもまあ、、まさかだった全然気づかなかった
お父さんが見送る最後とかも、、、どーゆう心境だったんやろ
KIKUCHI

KIKUCHIの感想・評価

3.8
ちょっと長い

台所の窓越しで会話をする津川さんと安藤サクラが良かった

他の方も書かれてるけど安藤サクラって何考えてるのかわからない表情をしてるから
サワにぴったりだと思った

サワさんへ宛てたカセットテープが出て来てからの
戦争の話をし始めたシーンはなぜかわからないけど涙が出た

それと坂田師匠演技上手くてびっくりね

きっと今日もどこかで一人ぼっちで歩いてるおじいちゃんがいるんだろなって
そこばかり考えてしまったけど
この映画に出てくる人は皆孤独だね

あと主題歌が寺尾紗穂さんなのはずるいです
はち

はちの感想・評価

3.6
うーん、うーん………!!笑
安藤サクラって、何考えてるのかわかんない役になるイメージがあって、実際サワの行動はよくわかんないから、いつ裏が出てくるのか警戒しながら観てしまった……何もなく終わった……うーん………絶対好きなはずなんだけど響ききらず………
yuuki

yuukiの感想・評価

3.4
安藤サクラがそうさせるのか、彼女が出演してる作品はテーマが深いものが多い。
0.5ミリもそのひとつ。

騙し騙され。
ただ、安藤サクラ以外は彼女にいつの間にか心許し感謝さえもしている。
不思議な作品だけど、どこかリアルな人間模様。

どこをと言われると難しいが、30分くらい短くしたい作品。
ゆー

ゆーの感想・評価

-
R.I.P.竜じぃ。
YuiMorita

YuiMoritaの感想・評価

4.0
面白い
アホの坂田演技うまいやん
akane

akaneの感想・評価

3.3
良かったけど、やっぱり長すぎ…安藤サクラの身のこなしが凄い良い、なめらかパワフル。
marimo

marimoの感想・評価

3.8
今日生まれる子も、明日死ぬじいさんも、皆一緒に生きてるんだよ。お互いにちょっとだけ、目に見えない距離を歩み寄ってさ。

このレビューはネタバレを含みます

キネ旬ベストテンの2位を取っているので、借りてみた。
典型的に現代日本の本当の姿を見させてもらった感がある。つまり、老人たちである。自分もやがてそうなるのかと思うと、うんざりもしてしまうのだけれども、逃げられない。
ヘルパーが、色々なタイプの老人たちと接し、それぞれが現実にありそうな様子を醸し出していた。最悪なパターンは、火事になり、そこの家の妻が自殺をしてしまうところ。息子は失語症に陥っている。いろいろのきっかけを得て、老人たちの家に泊まり込むことになるわけで、ヘルパー自身の生い立ちには触れておらず、それは、あまり、問題にはしていない。どこにも帰る場所がないという符号をラスト、この息子との会合で明らかにさせる。同じ立場になるのだろうかと、冥土の土産に、添い寝をするところからの火事と自殺、あまりにも悲惨すぎるが、似たような事件はごく当たり前に起きてしまっている。思うに、在宅介護であったら、可能性はなしではなかったに違いない。坂田利夫演ずる振り込め詐欺に騙されてしまう老人も後を立たない。本人は自転車泥棒を繰り返している。そこに、つけこむ。きっかけは、いつも、老人が軽い罪を犯す部分から入り込む。ところが、ヘルパーの仕事は食事がしっかりできる強みを持たせた。
坂田利夫通称アホの坂田が、素晴らしい演技をしている。こういう老人も、数多くいるだろう。1000万円貯めて、老人ホームへ入居する。おちがあって、貰った車のトランクに、100万円、プレゼントするという、粋な計らいがあった。いすゞ117クーペは名車であるらしい。
海軍に行った経験のある老人は、エロ本。万引きのところを見つかり入り込む。そこは、妻も動けぬ認知症である。津川雅彦、草笛光枝の豪華夫婦である。行くところが無いにもかかわらず、出掛ける。悲しい1日は、恐らく、誰もが経験しているだろうなと思われる。「0.5ミリ」とは、津川雅彦演ずる、元先生が読んだヘルパー宛てに捧げられた詩の中にあった。ちょっと、動くだけでも大勢がいれば、それは力になる意味合いか。
ここで反戦の言葉をしっかりと述べさせたのは、単なる老人介護だけの物語じゃないと、この国を今に持ってきたのは、彼ら達である事を、しかも、国に騙されてという事を言いたげであった。
ラストは造船所に勤めているという最初の老人の別れた夫の方、たなたま息子が店先で食べ物を盗み食いしてるのを、見かけ(これは、きっかけとして致し方ない)たまたま、知ったのだが、柄本明(別れた夫役)の息子が、ヘルパー安藤サクラの実の夫というのはお遊びであろうか。たどり着いた場所に同じ境遇の息子を見出だし、旅立つ意味は?
いずれにしろ、良くできた作品であるのは、確かで、役者もうまかった。
ayn

aynの感想・評価

3.3
安藤サクラさ〜〜〜〜〜ん!!!
という気持ちになる

ケンタとジュン…ぶりの安藤サクラさん
だったのだけど、圧倒された〜〜
独特の存在感と醸し出る雰囲気が
本当に魅力的な女優さんですね、、

温かい気持ちになったり
鬱な気持ちになったり
感情が忙しい映画だった。
ただ総じていつでもサワちゃんがカッコいい。
幸せになるといいな。
>|