0.5ミリの作品情報・感想・評価

0.5ミリ2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:196分

3.7

あらすじ

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、…

「冥土の土産におじいちゃんと寝てあげてくれない?」ある日、ヘルパーのサワは派遣先の家族から、おじいちゃんと一晩過ごしてくれという依頼を受ける。しかもその当日、予期せぬ大事件に巻き込まれた彼女は、いきなり「家ナシ・金ナシ・仕事ナシ」の人生崖っぷち状態に立たされた。サワは生活のため“おしかけヘルパー”をすることに…。駐輪場の自転車をパンクさせまくる茂ジイさんや、女子高生の写真集を万引きする義男など、サワはワケありクセありのおじいちゃんたちを見つけ出しては、軽やかに家事と介護をこなし、その生活に入り込んでゆく。はじめこそ困惑するおじいちゃんたちだったが、天真爛漫に振る舞うサワに対し、不器用さゆえに社会や家族の中で居場所をなくしていた彼らも、心を開きはじめる。あふれんばかりの生命力を発しながら、全身全霊でぶつかってくるサワの存在に突き動かされ、“死”に近い場所にいたおじいちゃんたちの“生”が再び輝きだす。 老いは、誰にでも等しく訪れる。高齢化社会へと突入し、身近な人や自分自身の老いに戸惑いながら生きている私たちに、「死ぬまで人間は懸命に生き抜くんだ」とスクリーンから叫ぶサワの姿が、“生きること”“人生を全うすること”の本当の意味を教えてくれる。

「0.5ミリ」に投稿された感想・評価

kiko

kikoの感想・評価

3.4
安藤サクラが魅力的。
高齢化社会の機微をコトコト煮込んだような作品。
3時間超えという長尺やのに、一気に観れてしまうのは、安藤サクラに寄るところが大きい。
彼女の間合いの取り方に魅せられる。
たじま

たじまの感想・評価

3.6
キャストのチョイスとロケ地がいい。

安藤サクラってすごい“人間〜”っていうオーラ纏ってるよね〜

高知行きたくなった
yu

yuの感想・評価

3.8
記録
miwotsuji

miwotsujiの感想・評価

4.2
おじいさんこれくしょん。津川雅彦との話が一番すき。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
三時間かあ、長かったなあ・・・。最初の家族での掴みも良かったし津川まではものすごく引き込まれて見ていたんだけれど、柄本編は、あれ、余分かなぁ。大事なとこなんだとは思うけれど、あそこで長さを感じてしまう。でも映画としてとても楽しめました。あんな風に犯罪かってくらいの強引さでもいざヘルパーさんが着くと、それまでの孤独や思い通りにならなかった憤りなどが絡まって、結局人は心を開かざるを得ないのかもしれない。それが老いなのか。ほんと、介護士さんやヘルパーさんって大変な仕事だなと思う。
杏奈

杏奈の感想・評価

4.4
安藤サクラさんの魅力が存分に引き出されててワクワクした
サワSWAA

サワSWAAの感想・評価

3.9
名前が一緒のサワで嬉しい。爽やかサワデーの人も出ててサワ満足! 身内祭りをニクい演出だぜ。

老いとは美しいものである
それは情景状況ナウタイムではない ただただ清濁飲み込んだ美しいザマである
そこに目頭や眉を動かすのは
全て正解で不透明でありましたねー
長い、はずなのに面白い


R.I.P 津川雅彦
>|