せーや

ピクセルのせーやのレビュー・感想・評価

ピクセル(2015年製作の映画)
3.7
ゲームヲタクが世界を救う!?本当にヲタクが世界救っちゃった。中身はかなり薄っぺらいのにかなり金がかかってる印象(笑)
1980年代のアーケードゲーム全盛期。子供達はみんなゲームにむちゅうになっていた。その中の1人、サムブレナー。アーケードゲームの世界大会に出場するが、決勝でドンキーコングで負けて、優勝を逃す。これらの映像を宇宙に向けてゲームのプレイ映像を打ち上げてから30年後。宇宙から突然攻撃を受ける。大統領に就任した小さい頃の友達に呼ばれて助けを求められた大人サムブレナーは、ゲームヲタクを集めて、宇宙人の侵略に備える。
この時代のゲームは全くやったことがない。どちらかというと現代の子供たち寄りの感覚だから8ビットに熱中していたおっさんたちの気持ちがわかりづらい(笑)ロマンが溢れているんだろうな〜(2015/11/12 飛行機)