のりまき

ミッション:15ののりまきのレビュー・感想・評価

ミッション:15(2013年製作の映画)
-
何の捻りもない映画だった。数あるエレベーター映画の墓場に葬られること決定。ほとんど悪意かと思われる角度から女優さんを映していた。