うぇすと

バクマン。のうぇすとのレビュー・感想・評価

バクマン。(2015年製作の映画)
4.0
友情・努力・勝利!!!やっぱりジャンプって素晴らしい!
キャストが発表された当時、サイコーとシュージンの配役逆じゃね?とか思っていたのですが、全然そんなことありませんでした!監督すげーー!!
しかし、その監督さんがモテキを撮った方だと知って、すこし見るのを迷ったのも事実ですが…(映画モテキを映画館で見たが、あまり面白いと思わなかったため)。
昔は原作を10巻あたりまでリアルタイムで追っていたのですが、それ以降コミックは購入していたものの読まずに放置してあったことを思い出しましたw
それならいっそ映画を先に見ようと思い立ち、先日映画館で見てきました。
元々漫画の実写化はあまり快く思っていないのですが、今作はとても良かったです!!限りなく原作の設定に忠実(もちろん変わった部分もありますが、嫌な改変はありませんでした)で、原作への愛が感じられました。
何よりあずき役の小松菜奈ちゃんが可愛い!!あの大画面で見ても揺るがない可愛さ、美しい瞳、透き通る肌…!同じ人間とは思えませんでしたw
サイコーとシュージンが新妻エイジとペンやトーンカッターで戦う描写がカッコよかったです!あと、プロジェクションマッピングを使った部屋での作画場面は鳥肌が立ちました!
ほとんどのキャスティングが原作に寄せてきているのに対し、服部さんが山田孝之というのが不思議でしたが、私自身山田孝之のファンなので問題ありませんでしたw
最後のエンドロールまで楽しめるので、席を立たずに見てくださいね!
作中、スラムダンクの名言や再現がしっかり出てきて興奮しましたw
俺たちの戦いは、これからだ!