漱劃

バクマン。の漱劃のレビュー・感想・評価

バクマン。(2015年製作の映画)
3.9
原作自体は未読でアニメはチロっと見てた感じかなぁ。
テスト前と公開かぶってて観れないかもって思ってたけどまだやってて良かった。

配役が自分の好きな人ばっかりで特に小松菜奈さん目当てでした。やっぱり美人ですね〜。

さて、本題ですが作品自体は視覚と聴覚を飽きさせることのない効果で面白いです。特にサイコーとシュウジンVSエイジのシーンは口が開いたままでした。
配役に関しては主人公2人を演じる佐藤健と神木くんはやはり安定してますね。神木くんは「桐島、部活やめるってよ」とかなりイメージ変わっていて今後の配役の幅が広がりそうです。そして、近頃 力を伸ばし続ける染谷くんはあの若さであの演技の横に出る者はいないように思えました。やっぱり染谷くんはちょっと変わってるキャラ似合いますw。

最後に監督さんについてですが、まずアニメは実写にしないほうが良いと思ってたけれど意見が変わりました。今回の作品は長すぎず、飽きることなく、コンパクトで観やすくできていました。アニメの実写化は配役を固め、いかにコンパクトにまとめられるかという監督さんの腕にかかってるようです。