バクマン。の作品情報・感想・評価

バクマン。2015年製作の映画)

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

高校生の真城最高(ましろもりたかあだ名:サイコー/佐藤健)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父(宮藤官九郎)は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。だが結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。そのことが最高の心に暗い影を落としていた。 ある日、些細な出来事を…

高校生の真城最高(ましろもりたかあだ名:サイコー/佐藤健)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父(宮藤官九郎)は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。だが結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。そのことが最高の心に暗い影を落としていた。 ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイト・高木秋人(たかぎあきとあだ名:シュージン/神木隆之介)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片想いのクラスメイト亜豆美保(あずきみほ小松菜奈)と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。 最高と秋人はコンビを組み、夢の週刊少年ジャンプの連載を目指して日々漫画づくりに明け暮れる。ジャンプ編集者の服部(山田孝之)に見出され、ようやく光明が見えてきたとき突然ライバル――新妻エイジ(染谷将太)が現れる。弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才・エイジは瞬く間にジャンプ連載を決めて遥か先を走り始める。そして次々と現れる新進気鋭のライバルたち。 はたしてふたりはジャンプ連載を勝ち取ることができるのか!?

「バクマン。」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

再構成をうまくした印象。小豆さんとの恋愛における会わないギミックは上手く使って欲しかったが、見吉や蒼樹紅を出さなくてもそこに違和感は無かった。但し、最高が倒れるほど辛い週刊連載なのにアシが出てこない、倒れたのに親が出てこない、といったあたりは少しリアリティがないかも。
Hazu

Hazuの感想・評価

3.8


漫画を通じて生み出される
友情・努力・勝利
って言葉をキーワードに
ライバルの高校生漫画家に挑んでいたのがよかった。

ライバルがいるとより良いものができ、
そういう面でライバルの存在って大切だなと思った。

ライバルであり、憧れ。

主人公たちがぶつかり合いながらも目標に向かっていったところが良かった。

漫画家の仕事ってすごい夢があるけど大変なんだなーってことがとても伝わった。

映像とかの使い方がうまくて、飽きずに楽しく見れた作品。

あずきちゃんとのラストがもっとどうなったのか欲しかった。

面白かった。

観たいと思ってて、観れてよかった一本。

演技がみんな役に合ってて上手かった。
mana

manaの感想・評価

2.6
思ってた以上におもしろかった!
漫画家の世界は無知だかどの世界にも共通する痛みとか苦しみが共感できておもしろかった!
チャヤ

チャヤの感想・評価

4.0
熱い!普段知り得ない漫画界の競争社会が描かれていました。漫画家ってすごい。ジャンプのアンケートちゃんと書こう、と思いました。
織

織の感想・評価

2.5
エンディングに斉木楠雄出てきた
あぽろ

あぽろの感想・評価

3.6
で、でた〜!人気漫画を人気イケメン俳優を使って実写化ぁ〜(笑)ってならないのは大根監督の手腕だよなぁ。
バトルシーンは本当ニヤニヤした。キャスティング・細かい演出、何より構成力。拘りを感じられる映像から溢れ出す、映画、そして漫画に対する敬意。あぁ〜良いよ、何回でも観てられる。
mio

mioの感想・評価

3.5
記録
uraco

uracoの感想・評価

3.6
オモロォ
ハイタッチで鳥肌立ってにやけた。
友情っていいね〜!
夢を追いかけてる男の子ってだけで素敵だけど、さらに、叶えちゃう青春ってもはや最高👍
コミックと違う
あっさりとした作り
>|