アウトバーンの作品情報・感想・評価

アウトバーン2016年製作の映画)

Collide

上映日:2016年06月10日

製作国:

上映時間:99分

3.0

あらすじ

ドイツ・ケルン。トラックに麻薬、高級車に 500 万ユーロ・・・巧妙に仕掛けられた危険な取引に巻き込まれたケイシー(ニコ ラス・ホルト)は、2つの巨悪組織から逃れて恋人のジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)を救うため、高級車を乗り換 え速度無制限の高速道路【アウトバーン】を激走する!運命に抗う大きな賭けの行方は――?!

「アウトバーン」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
ドイツのケルンを舞台にしたアメリカ作品。
あらすじが使い古されたものなので、せっかくのカー・アクションも色褪せて見える。
そんなダメ話の中で、アンソニー・ホプキンスとベン・キングズレーの怪優二人が顔出しだけではなく、重要な役どころで出演しているのがミソ。
それにしても、あれだけマシンガンで撃たれたら一発ぐらい当たっているもんじゃないの?(笑)
Cozy

Cozyの感想・評価

4.0
スピード感最高。
honoka

honokaの感想・評価

-
現実はそんなうまくいかないと思うんだ
"愛"が理由であんな危険なことできるのはすごいよ、
ニコラスホルトとフェリシティ様の身長差に萌えました
げざん

げざんの感想・評価

3.5
おそらくよくあるカーアクション海外映画。
だいたい車かっ飛ばすときは追う追われるのときだよね。
この手の作品には抗体できなくていつもハラハラさせられてる。面白かった。
ごとう

ごとうの感想・評価

3.5
下手なアクション映画より断然いい
Hrk

Hrkの感想・評価

3.0
思ってたよりは面白かった。
不死身すぎて笑えた。
90分前くらいだから内容はやっぱり薄い
字幕でながら観でも充分 内容が理解できるくらい。アンソニーホプキンス好きだから 個人的には この役はやだったなぁ
元凄腕車泥棒のアメリカ人青年ケイシー(バート・レイノルズもといニコラス・ホルト)が、クラブで出会った運命の女性ジュリエット(フェリシティ・ジョーンズ)の腎臓移植費用のため、麻薬組織から現金を強奪する映画。

うん、尺が短い。
なので、さらーっと観れる。
ドイツを舞台にして高級車でのカーチェイスが観れるんだけど、アウトバーンというタイトルで良かったのか、これ。
原題通りのCollide(ぶつかるという意味らしい)でよくね?アウトバーンで滑走したのファミリーカーだし。途中から高級車に乗り換えてたけど、ファミリーカー(フォルクスワーゲン)の見せ場が一番濃かったし。

何より、弾に全く当たらない彼は車泥棒なんかよりも弾除け選手権に出る方がいい。というほどに全く銃弾に当たらない。あれだけの組織なのに束になってかかってもかすり傷は一度だけ。その辺りのボロボロ感がもっとあってよかったのになー。

脇役のアンソニー・ホプキンスと「アイアンマン3」以来こういう役でしか見かけなかったベン・キングズレーという名優が悪役なので、主人公のバート・レイノルズもとい、ニコラス・ホルトを食い過ぎてた。

尺の短さ、ストーリーの複雑でない点なんかを考えたら悪い映画ではなかったかな。
暇つぶしに観るにはいいと思います。
Naz

Nazの感想・評価

3.7
愛する人を守れるかとかそんなキャチコピーが似合うアクション映画。

カーアクションを中心に、迫力のあるシーンが続き圧倒されます。
あまり深く考えずに、痛快なストーリーを楽しみたい人にオススメ!
ニコラス・ホルトを愛でる映画…
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

2.3
2.3点
ああ『トゥルーロマンス』やりたかったのね。
主人公カップルの色ボケと麻薬犯罪とイカレ濃いキャラマフィア。
弾と宝くじは滅多に当たらないな。
1台の車のリアガラスは何度でも割れるしな。
続編はレクター博士とガンジーの仁義無き戦い編を観たいな。見応えあった。
>|