エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

American Ultra

上映日:2016年01月23日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:95分
    監督
    ニマ・ヌリザデ
    脚本
    マックス・ランディス
    キャスト
    ジェシー・アイゼンバーグ
    クリステン・スチュワート
    コニー・ブリットン
    トファー・グレイス
    ジョン・レグイザモ
    ウォルトン・ゴギンズ
    ビル・プルマン
    トニー・ヘイル
    ラヴェル・クロフォード
    あらすじ
    覚醒した最強のダメ男が、世界を救う!・・・かと思いきや、映画史上最悪でサイコーのプロポーズ!謎の暗号をきっかけに、片田舎のコンビニバイトの秘められた能力が覚醒する。彼はCIAの極秘マインドコントロール・トレーニングを受けた最強エージェントだった!

    「エージェント・ウルトラ」に投稿された感想・評価

    DVDにて

    ジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワートは最高なんだけど…
    「トゥルー・ロマンス」見返したい
    スパイ映画好きで、ジェシー好きで見ました。スパイ映画としてみると詰め込んだ感がやっぱりありました。
    映画のなかでジェシーが描いてるイラストと、EDがかわいい
    ダメ男加減にイライラした〜
    もっと生臭い血を期待してた。アクションシーンは良かった。ストーリーはうーん、、、。
    宣伝映像とポスターでコメディかと思ってたけど全然ちゃうやん…邦題ポスターにだまされた…

    ジェシーがかっこよかったです、の2.5で許してください
    白と黒。水と油。コンビニ店員とスーパーエージェント。現実では決して交わらない2つが交わる事があるから、映画は面白い。

    今作はまさにそんな作品だ。コンビニ店員で麻薬中毒者という社会的弱者が、実はCIAが関わるスーパーエージェントだった、という話。

    弱者にとって絶対的な力とは憧れであり、だからこそこういうジャンルがずっと絶えずに生まれ続けているのだろう。

    アクションコメディのようなあらすじとポスターだが、中身はいたってシリアスなのに少し驚いた。1番抵抗があったのはそこで、それさえ乗り越えられれば単純に楽しめる映画だ。

    それにしてもジェシー・アイゼンバーグは気弱な青年を演じさせればピカイチだなあ。とても好き。
    最近見たカップルの仲でも断トツ♥️


    薬中で冴えないコンビニ店員の男は実はNo.1エージェントでした!!


    よくあるエージェント物のストーリーには『身分を隠している』ものと『記憶がありません』があるのだが、彼は後者のパターン。

    ボーンシリーズみたいな感じだが、特にカーチェイスをしたり各地を巡って逃走したりする大がかりなものでは無い。

    小さな町で身の回りのものを使い、自分と彼女の身を守るだけのこぢんまりした戦いなのだけど、彼にはなぜかそれが似合っている。

    中盤に正体が明かされるんだけれど、それを知ってもダメダメな性格のまま戦いを続けていくところがやはり彼らしい。

    エンディングもこの作品らしく遊び心のあるものになっている。
    グロテスクなシーンをもっと丁寧にお願いしますって感じ。
    >|