miyagi

裁かれるは善人のみのmiyagiのレビュー・感想・評価

裁かれるは善人のみ(2014年製作の映画)
4.0
絶望指数、不条理指数120%の作品。
いやはや本当救いがない。
邦題がネタバレしてしまってるので、勘弁してほしいが、それにも負けず劣らず酷い話。

軸となるストーリーが途中から入れ替わってくるが、巧みな脚本の構成力でもって人間の業の深さをあぶり出す。

市長がクソすぎてぐうの音もでない。
司法と行政の犯すミスが善人である主人公の人生をどんどん狂わす。
主人公のコーリャが悪人ヅラに見えたので、そこだけなんとかしてほしかったが、取調べ時の泣きの演技は悲壮感がエグい。

神の話を持って来られると、ちょっと観念的すぎて嫌なのだが、今回に関しては神の不在を疑うべき展開となっているように感じられた。

この監督好きだなー。
海辺の白骨はあれなんの動物のだろうか?