西木寸

Mommy/マミーの西木寸のレビュー・感想・評価

Mommy/マミー(2014年製作の映画)
4.2
「過去はクソ、未来をわしづかめ。」

法的手続きなしで障害児を施設に送れる法律が存在する架空のカナダを舞台に、型破りなシングルマザーと問題児のマザコン息子、そして隣人の女性が織り成す人間模様を映し出す。

確かに母親としては完璧だと言えない。しかし、彼女は彼女なりに必死で愛している。
報われない愛、突如とした未来への不安。
愛は全てを解決してくれない。
誰が彼女の最終的な決断を責められようか?
誰がこの法律を、悪法だと切り捨てられようか?

序盤からスクリーンサイズを窮屈にする事で、生きにくさや圧迫感を表現。そして目の前の世界が開けてくる演出が音楽と相まって見事に心象に伝わってくる。
ドラン監督の新しくも、機をてらい過ぎない演出はやはり天才かよ!

見終わった後も心に突き刺さる、傑作でございます。