きゃん

Mommy/マミーのきゃんのレビュー・感想・評価

Mommy/マミー(2014年製作の映画)
3.4
ADHDを抱える息子と母親の深い愛情と葛藤を描いたヒューマンドラマ。画面が正方形で見ていて窮屈だったが、途中画面が大きくなったときは開放感があった。母子の関係や心の動きに比例している感じで見せ方が上手いと思った。

ADHDという障害について詳しくは知らないが、接し方が難しいと感じた。常に情緒不安定で乱暴で暴言を吐きまくる。平静なときは素直で純朴な子ども。真っ直ぐぶつかってくる息子に真っ直ぐぶつかろうとする母親の葛藤、もどかしさが見ていて苦しい。
母子2人きりの生活は密着しすぎていて狭い世界。そこに入ってくる近所に住む引きこもりがちなカイラの存在が母子を助ける。母親の仕事中はスティーヴの世話をカイラに任せることにより心のの安らぎ、少しばかりの光が差し込む。

息子の母親への純粋すぎる愛情が痛い。時々耐えられなくなり感情を爆発させながらも息子へ愛を注ぎ続ける母親。息子が幸せに育って欲しいと願う。幸せな将来への希望を持ち断腸の思いで決断する。母親が息子の幸せな今後を夢見るシーンの映像が綺麗。それだけに現実に戻ったときのやるせなさが大きい。

「希望を持ち続けないと未来はない」
この母親の言葉からは強さを感じた。