Mommy/マミーの作品情報・感想・評価・動画配信

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

5.0
ヘッドホン上映会に参加
今回で3回目

こんなに時期をあけずして見てもぜんっぜん飽きがこないのは
この映画に音楽を使った効果的な見せ場が4回目ほどあるから。
「くるぞ!くるぞ!」という気持ちになるから何回も見れちゃう。誰もがこのシーン好き!だというシーンがある!!!はず

もちろん、あのアスペクト比も、ワンシーンずつ絵になってしまう圧倒的な映像も息ができなくなるくらい素敵

【まだ見てない人は読まないほうがいいかも?↓】

「ドラン先生の公開授業」でドラン先生はこんな事をポツリと言っていました。

「実はカイラは息子を亡くしているんだ。まぁこの設定は知らなくてもいいんだけど」

映画の中で1度も言及されなかったけど、この発言で不思議だったシーンがギュン!と繋がった

例えばカイラの寝室の男の子の写真、そこでスティーヴが口にする言葉、カイラの持っていたプチプチの下にあった男の子の写真…

カイラは亡き息子をスティーヴに重ねていたのです。
そして道を挟んで彼らの家にやって来ることは天国の息子に会いに行く、そんなシーンに見えてきます。

この物語の中で終始、愛というものがとても曖昧だったりしますが
スティーヴの母親への愛は恋人への愛と区別がついていない。(エディプスコンプレックス?)
危うい色気を感じてしまうシーンもある。それが見ていて不快でないところがこの映画の演出の巧妙さであったりするのだけど。

ところが母親ダイアンとカイラの彼への愛は息子としての愛だと明確にわかるからこそ、彼の向けている愛が違うものだと感じると彼女たちは自分の感情をかき乱される。悲しみや切なさや怒りとなってスティーヴにぶつけてしまう。
誰が大人ということもなくみんながもがいて、希望ある未来を掴もうとしている。それがまた魅力的なのでした。

書きすぎ…Blu-ray買わなきゃ…
Natsuko

Natsukoの感想・評価

4.4
画面比が変わる瞬間にぶぁあって心が動いてwonderwallもじわじわ効いてくる。親になってからもう一回観たい
きのこ

きのこの感想・評価

5.0
好きな映画ランキング一位になりました…
避暑地

避暑地の感想・評価

5.0
グザヴィエドラン作品です。

カナダを舞台にした、母親とADHDを持った息子の物語です。

画面サイズの表現や、
ドラン監督の音楽的趣味、美的感覚、スラムの表現が印象的でした。

とてもセンシティブな内容です。
後味は悪く、鑑賞後にカタルシスはあまり感じませんでしたが、
いくつかのシークエンスが有名です。
sy

syの感想・評価

-
気持ちが強くすぎて感想を投稿できなかった
うまくいえない感情をぎゅうぎゅうに詰めたような映画だったどうか登場人物たちが幸せに暮らしていて欲しい頼む、という気持ち
そんなoasisの使い方はズルイ
ズルイ…
うどん

うどんの感想・評価

5.0
「母親の愛は永遠に続くわ」
見るの3回目だけどやっぱ何回見てもこの映画の良さは新鮮なまま心に届く…毎回泣いちゃう…
同監督作品の中で1番好きです
母親の無償の愛がここまで人間的に描かれる作品他にあるんか?登場人物みんな平凡じゃない悩みを抱えてるけど、それぞれが1人の人間として必死に生きて支え合ってるのが本当に良い
そんでやっぱグザヴィエドランの演出の秀逸さ…画面のフォーマット珍しいな〜ってボーッと見てたら突然視界が広がってびっくりする スティーブの世界が広がるみたいに私たちの視野も広げてくれる
毎度のごとく曲選もドンピシャで好き Oasisにlana del ray 聴こえただけでテンション上がるんだこれが
NANA

NANAの感想・評価

5.0
こんなに魅力的なウインクは初めて見た。
スティーヴからこれからずっと勉強を教えて欲しいと頼まれている時にちょうどカイラが自身の吃音の原因となってる家族に呼ばれてスティーヴにウインクするシーン。素敵すぎた。映画の中でもトップ10に入るシーンだと思う
俳優から音楽から映像と内容まで素晴らしい作品だった
>|