Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デ…

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

miporinzou

miporinzouの感想・評価

4.0
インスタグラムに慣れてて1:1の比率は見慣れてるのに映画になると息苦しいなぁ…っていうのがすごく印象的。
とても効果的な演出だと思う。
画角が拡がるシーンも素晴らしい。
表現力すごいなぁ、
グザヴィエ・ドラン。
(4)
しーな

しーなの感想・評価

4.0
1:1の画面で流れていく映像というのは新鮮だったけれど閉塞感に心が縛られるようだった。誰かが悪い訳でもない、もがいてもどうにもならないもどかしさに涙が出た。
鑑賞後は愛とは何なのか、そんな疑問を心の奥底にずとんと落とされたような気分だった。これから先また見ることのある映画だと思う。
maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

4.3
傑作。
主役三人のキャラクターと演技がすごい!
音楽ももちろんだけど音響効果もすごい!
お陰で傾注しすぎて苦しくて一回断念してしまうほど。
世界が広がった瞬間鳥肌が立って涙が出た。
ラストに関してはもう言葉にできない。
2018年 68本目

ようやく、覚悟して、見た。
自分にとってのドラン3作品め。
個人的には、とても”むきだし”な
作品だなと全編通して思った。
スティーブはただただまっすぐで、
まっすぐな思いが、正と負のどちらにも
振り切ってしまう、そんな人だなって。
そんな彼としっかりぶつかり合う
母の姿は本当に痛々しくて清々しくて。
視野がひらけた、画面が広がったと思ったら
いつのまにか1:1の画面に戻っている。
息が詰まる、閉塞感。正と負の感情の
繰り返し。ずっと。ドラン氏はやっぱり
感情の切り取り方がピカイチすぎる。

個人的には、最終的にどんどん
ぼやけて見えなくなってしまう
例のシーンで泣きそうになってぐっと堪えた。
理想なんて甘い幻想。そんなことを
言われてしまったようで。そんな表現。

「まだ僕たち愛し合ってるよね?」
「私たちにはそれしかないでしょ」

愛なのか、希望なのか。
自分だったら本当に選ぶのが難しい。
yoshiki

yoshikiの感想・評価

4.2
画面の圧倒的閉塞感
ワンダーウォールシーンでの開放感
その後再び1:1に閉じこもってしまう
ずっと、また開かないかなあと思ってみていた。2回ラストが来るという売り文句は嘘じゃない

ラストは圧巻。胸を握りつぶされるような苦しさを感じた

画面、音楽、セリフ、全てがガチャガチャしてたから、どれか一つでもスッキリさせてもう少し鬱々とした雰囲気があっても良かったかなあ。

このレビューはネタバレを含みます

1:1がよかった。
こういうことだよなあ〜
yugyug

yugyugの感想・評価

2.9
S14法案という設定のためだけに、現実ではないカナダを舞台にしている。それ以外は現実から抜け出せてもいないし、逆にリアル感を狙っているところが姑息でもある。

今回、グザヴィエ・ドランの『マイ・マザー』から続けて鑑賞したが、とにかくこのクリエイターの作品は落とし所が抽象的なのだが、それが作品を曖昧にごまかしている様にしか思えないし、芸術でもない。
評価が高いのようなので見てみましたが、自分には合わなかったです。

とにかくADHDの青年の言動にイライラしっぱなしで。平気で万引きはするは人種差別はするは、挙げ句の果てに自分の母親に「殺してやる!」と首を絞めたりする始末。一歩間違えば人を殺すことだってあり得たでしょう。
ADHDにも重度から軽度まであるかと思いますが、彼は間違いなく中〜重度です。本来であれば抗精神病薬などで大人しくさせるのが普通。
だけどこの母親は「うちの子は良い子なのよ!!」とモンスターペアレントの決まり
文句みたいなことを言って、反省が全くありません。

また映画の冒頭で、息子が放火をし他人に火傷を負わせたと聞いた母親は「そんなの銅像でもたててやりゃいいのよ」と。とてもまともな神経をしているとは思えません。

恐らく自分の子供を持つようになったらもう少し感じ方がかわるんでしょうかね。
残念ながらこの母子にはどうしても感情移入できませんし、むしろ嫌悪感すら覚えてしまいました。

ただ、いままでスクエア型で閉鎖的だった画面のアスペクト比がぐーん広がってワイドになる演出などは良かったです。
>|