Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デ…

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

いつみ

いつみの感想・評価

5.0
発達障害の子供とその母親の苦悩や葛藤が痛いほどに伝わってきて久しぶりに映画を観て大号泣してしまいました。

涙腺崩壊し過ぎてヤバイ!明日絶対目が腫れるレベルです。笑

人によって解釈は違うと思うけど、ラストの走るカットは、それでも最後の希望は捨てず必死にあがく母親の姿とリンクして、やっぱり親子だと感じさせられる名シーンだと思う。

撮影技法やスクリーンの使い方などもすごく斬新で監督の才能をビリビリ感じる作品でした。
ふみ

ふみの感想・評価

4.0
このテーマの話は今後私の人生使って考えていくもの。救いきれない、人が諦めてしまうとこから希望を探して人や世の中を変えていきたいと改めて思った。
がさつで泥臭くて子供思いなお母さん。少しエリン・ブロコビッチ思い出した
さき

さきの感想・評価

5.0
最後まで希望を捨てなかった、母は強い。
3人で自転車とスケボーで道路を駆けてくシーンが好き。親子間の愛を深く感じて、自分の家族に関しても考えさせられた。
ミズキ

ミズキの感想・評価

3.8
期待しすぎたー
逆にすみませんって感じですっ!
まず、、フランス語かーーい!
気分的に英語が聞きたかったのでまずそこから残念…。昔は気にしなかったけど、字幕しか追わないのったいうのはつまらないものですね…。耳からも情報を入れたいです。。。
あと、辛い。
基本的に辛いです。
最強のふたりのように、障害を重く見せないようにしてるっていう感じもなく、ユーモアを加えながら、障害というもの、本人、その周りの人々を描いています。
リアルで面白いとも思いましたが、予告編から見る限り、もっと爽快感のあるやつだと勘違いしてました!すみません!
楽しい映画が見たいと思い、借りた作品なので、当てが外れたようです。とほほ。

何はともあれ、作品としては面白かったです!本当です!
Kae

Kaeの感想・評価

3.0
記録
ちゃー

ちゃーの感想・評価

3.8
愛とは

正方形の画面からすーっと長方形に広がっていったとき、ぶわぁっときた
448

448の感想・評価

4.0
深い
ユ

ユの感想・評価

4.0
非常にとっつきにくく、馴染めない感覚がなかなか取れなかった。

途中からは夢中になって観たけれど、最後まで自分は外から眺めてるな、って感覚、、。
共感、っていうものはなかったけれど、彼らの状況が変わるたび、怯えたり嬉しくなったり、どうかこの夢が醒めないで、と祈ったり。

常に何が起こるか分からないからハラハラしてた。何が起こるか、というか、何を起こすか。
私はきっと、スティーヴに常に怯えてしまうんだろうな。スティーヴの愛情は間違いなく有るし、それは信じられるけれど、スティーヴ丸ごと信じるのは難しい。
私の器が小さいんだろうな(笑)

愛するだけが愛じゃない、か。
まだ私には難しそうだ。
まるき

まるきの感想・評価

4.5
強烈な印象を受けた作品。
グザヴィエ・ドラン監督のさらなる魅力を確と感じた映画です。

痛々しい愛が右往左往して、石に打ちつけられて飛び出るような思いが常に彼らを覆っている。
”愛しているからこそ”、ただその一心で向き合うしかなかったダイアンとスティーヴ。見ているこちらもひたすら胸が締め付けられて苦しくなって、切実過ぎる互いの言動をただただ見守るしかできませんでした。
いくら愛しているからといって、血の繋がった唯一無二の家族だからといって、真っ直ぐ愛が通るわけじゃない。綺麗事じゃ済まない。むしろ、家族だからこそ、互いの愛が傷みを以って突き刺さってきたのだと。恋人みたいに、柔らかく滲んでくるようなものじゃない。

ドラン監督特有の、愛の伝え方、その扱いに対するジレンマと曖昧さ、時に鋭く爪を向けてくるような、愛の素性を垣間見た気がします。
ドラン監督は、作品に秋の季節を使うことが多いように感じます。映像を思い出そうとすれば、鮮烈に橙色な紅葉が浮かび上がることが多いです。ドラン監督からすれば、秋は人を裸にする季節なのでしょう。汗をかく夏が終わり、寒さが肌に刺さる秋には、夏には感じなかった侘しさや心の隙間が広がり始める。人肌恋しくなる季節と言いますが、ドラン監督としては秋は人の心を剥き出しにするのに持ってこいの季節なのだと思います。だからこそ、余計切なくて、求めるのに曝け出しすぎるというか、そんなジレンマがテーマの一つでもあるのでしょうか。

口元に手を押し当て口づけ。このシーンにこそ、二人のもどかしい愛が表れていました。このシーン、とても好きです。ドラン監督らしいというか。

スティーヴがダイアンを見つめるその瞬間瞬間が、本当に切なくて堪りませんでした。人から人への愛というのは、形づけられるものではありません。多種多様過ぎるのです。大袈裟な様に見えて、ダイアンに対するスティーヴの愛情は、人間が持つ本当の愛の姿だったのではないかと思います。言葉足らずですが、歪にも見える彼らの愛情は、ある側面から見ると驚くほど真っ直ぐだったりします。そんな親子の愛を表現したドラン監督、本当に素敵です。

ドラン監督手掛ける作品はキャストが共通ですが、毎度素晴らしい熱演。本作も見事な演技で、入り込まされました。他作品の役がチラつくこともありません。

この映画のラストシーンも大好きです。ドラン監督は余韻を作るのが本当にお上手。
>|