Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

きれいな映像と良い音楽と、おさまらないざわつきと、その中の救い。とてもいいと思っているのに、見終わったあとにあるのはカタルシスではなくて、日常の中のどうしようもない悩みのような、ざわりと落ち着かない感情。なんだろう、これは。

日常の中にいても、フラッシュバックするような美しい場面がいくつもある。

母と息子。
愛し愛されることと、それでも満たされない何かと、それゆえに苦しい何かについてぐるぐると悩んでいる。
“スティーヴが魔法をかけたんだ”
Yuka

Yukaの感想・評価

5.0
すごく丁寧に細かく愛を描いてるからこそもどかしい、、写真部屋に飾ってるスティーブ、愛らしかったな
にゃすP

にゃすPの感想・評価

3.9
ストーリーはなんてことないけど見せ方が上手い。カンヌ国際映画祭が好みそうな映画。

このレビューはネタバレを含みます

グザヴィエドランの作品を初めて見ましたが、アスペクト比1:1の映画をワイドスクリーンにするシーンは、観客にもわかりやすく理解する一つの手段でもありますね。
となると最後はハッピーエンドではないのかな。
ともかく美しい音楽に主な登場人物3人という少人数で構成されるこの映画、こここら醸し出される雰囲気がすごく好きです。
Luka

Lukaの感想・評価

4.0
最後まで胸が苦しい。
ただ愛してる人と一緒にいたいだけなのにそれができなくて、苦しくて儚くて綺麗だった。
ThatMan

ThatManの感想・評価

4.3
とある親子と隣人のあたりまえのようであたりまえのようでない愛の物語。

この映画は正方形という特徴的な画面ででできているのに、その中で描かれている物語が壮大すぎて、色々とすごかった。
登場人物が全力でぶつかり合い、笑い、叫び、泣き、生きていく。
とにかく凄まじすぎるの一言に尽きる!

スケボーに乗って手を広げると同時に画面が広がるのは本当にすごい。
急に狭まったときはすごい絶望感に襲われた感じがした。

法律のせいで人生が狂うことがあるのですね。

やっぱりドランはすごい。
スクリーンサイズが1:1という窮屈さ
解放されるようにフルスクリーンになったとしてもせいぜい数分、後半になるにつれて観てるのが辛くなる。苦しくて切なくて物凄く美しい
あんな風にカートを道のど真ん中で漕いで押したい!
駆け出していった彼の人生が画面を広げるように幸福であって欲しい
なほ

なほの感想・評価

4.0
好きな人と電話をしながら見た、5時間かかったのもあって色んな意味で記憶に残ってる。

画面が広がって始めて画面が真四角だった意味を理解した。
窮屈な世界からWonderwallのシーンで広がる。また気づいたら窮屈な画面に戻るんだけど、あの展開切り替え方とても良かった。
難しくて苦しくなる。
母親の尽きない愛と音楽、高く青い空が印象的だった。
ドラン史上一番いいというか、唯一許せる。wonderwall。
>|