Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デ…

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

きれいな映像と良い音楽と、おさまらないざわつきと、その中の救い。とてもいいと思っているのに、見終わったあとにあるのはカタルシスではなくて、日常の中のどうしようもない悩みのような、ざわりと落ち着かない感情。なんだろう、これは。

日常の中にいても、フラッシュバックするような美しい場面がいくつもある。

母と息子。
愛し愛されることと、それでも満たされない何かと、それゆえに苦しい何かについてぐるぐると悩んでいる。
Miyu

Miyuの感想・評価

-
素晴らしい
m

mの感想・評価

2.5
母の愛がすごくすごく伝わってきた。
なつん

なつんの感想・評価

4.2
ひどく切なかった。
スティーブとダイアンは普通の親子以上にお互いをこそ必要としていた。ラストシーンの与える哀しさたるや。

1:1の画面がフルスクリーンになる部分、そしてその逆も、さりげなくも印象深い。
1:1のその視界の狭さはそのまま彼らの生活する(或いは「せざるを得ない」)世界の狭さを、フルスクリーンは客観的な彼らの世界とひとときの希望を、それぞれ示しているように見えた。

予告編でついてたドランの受賞スピーチが良かった。
min

minの感想・評価

4.3
以前に見た時はなんとなくレビューできずにドラン作品たかが世界の〜、マイマザーに続き2回目の鑑賞。
それぞれの良さはあるが、これが1番心にささった。スティーブに対する愛が表現された作品だがこちらはわかりやすく直球。
そんな中で愛だけではどうにもならないことも。
母の思い描くスティーブの未来図がせつない。
あか

あかの感想・評価

4.0
色が良いとか映像テクが実験的とか音楽が良いとかはどこのレビューでも書いてあるけど、そこを表すための部分があるからこその要素なのを忘れちゃいけない気がする。

「母の愛は変わらないけれど、いずれあなたの愛はほかの人へ向いてしまう」

この言葉がものすごく切なく、愛を感じた。

障害や困窮などいろいろな問題があったとしても、不変の愛はそこにあった。

希望が現実となった世界を妄想するシーンで、1:1の画角が3:1へと広がっていく演出には痺れた。

グザヴィエ・ドラン監督にはまりました。

このレビューはネタバレを含みます


Antoine Olivier Pilon
アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン

♩Oasis – Wonderwall
♩ Lana Del Rey – Born to die
♩ Counting Crows – Colorblind
♩ Céline Dion – On Ne Change Pas


このお話は母と息子の
それぞれの葛藤を描いている

正方形の画面で撮り方がドラン
らしいと思った。サントラもお洒落。

息子の演技が素晴らしい
母親役のアンヌ・ドルバルは流石
『 マイ・マザー 』の時も思ったけど
本当に演技が上手い

息子の障害と仕事をクビになり
生活も困難になって行くけど息子を
最後まで守ろうとした母親
だけど最後は施設送り
どちらが正しいのだろうか
最後まで息子を育て上げるのか
施設に送り育てさせるのか
誰のせいでもないのにとても切ない
すごく考えさせられる映画

やっぱりドランの映画は
どの作品も本当に素晴らしい
祐希

祐希の感想・評価

-
いやめちゃくちゃ良かったです!
ただの涙ありハートフル映画ではない。
生きることの気だるさ、やるせなさ、細かい感情を織り交ぜながら描く人々の愛情は、とてもリアリティがあった。
キャスト陣の演技は笑う演技も、悲しむ演技も、感情を露わにしていくその過程も、すごく繊細で感動した。
Oasisが流れるタイミングは素晴らしかったです。
>|