Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デ…

2015年、架空のカナダで起こった、現実——。 とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

グザヴィエ・ドラン、締めの一本!

素晴らしい!
やはり容赦なく観ているこちら側に流れ込んでくる感情。耽美なドラン芸術に目と耳と脳が酔いしれる。

"発達障がい児の親が経済的困難や身体的、精神的困難に陥った場合は、法的手続きなしで入院させる権利を保障する政策"=S14法案が成立した、とある世界のカナダが舞台。
ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されたスティーブ(アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)と母ダイアン(アンヌ・ドルヴァル)、そして向かいに住むカイラ(スザンヌ・クレマン)による母と子の愛と親愛なる隣人との友情の物語。

ドラン作品ではお馴染みのアンヌ・ドルヴァルとスザンヌ・クレマンの安定した演技力。特にスザンヌは、「わたしはロランス」と違い、心に傷を負ってうまく言葉が話せなくなってしまった教師役を抑えた演技で好演。主演アントワーヌ・オリヴィエ・ピロンの純粋で繊細でありながら、尖っていて荒々しい演技にも惹き寄せられる。

従来のドラン作品の様に、色で、アングルで、音楽で、台詞で攻めてくる手法には相変わらず舌を巻くが、今回は画角でも攻めてくる。

1:1の正方形の画角。曰くキャラクターの内面に迫るべくフォーカスした形がこの画角との事だが、狭い画面は彼らの抑圧された現状を表す。

暴力的になると手がつけられなくなるスティーブは問題を引き起こすばかりで、ダイアンはお金も仕事も全てを犠牲にして彼を育てて来た。しかし、どうにもならない現実。カイラとの出会いがもたらす、ささやかながらも確かな幸せ。

そこで流れるWonderwall(oasis)!
このシーンが間違いなくこの映画を傑作と言わしめる瞬間!
スティーブにより押し広げられた画角。
それは自由。
自由の風を浴び、疾走するスティーブ、ダイアン、カイラ。そして空の青さ。もう、鳥肌が立って仕方がない!

幸せな時間は長くは続かない。また現実に抑圧される日々。

それでも、母親の愛は永遠に続くし、「過去はクソで、未来をわし摑め」とこの映画は僕らに希望を与えてくれる。

とことんまで優しくて、楽しくて、辛くて、悲しくて、暴力的な愛の映画でした。
yuho

yuhoの感想・評価

3.2
母は強い。
あは

あはの感想・評価

4.6
ほとんどが印象的なシーンですごく考えさせられる。
こんな自分みたいなのが涙を流してみる映画ではないと思ってたけど、最後のほうは涙が止まらなかった。
画面のサイズが変わる瞬間など、工夫されていてよかった。
もう一度見たいと思う映画。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
クミ

クミの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

悲しい気持ちになるけど何度も見たくなる映画。大好き。めちゃ泣く。

衣装良すぎ音楽良すぎ演出良すぎ。
スケボーがしたくなる。

ラストは続きが気になる。
elie

elieの感想・評価

3.8
続けて、観てみたドラン監督作品
やっぱり個性的な演出と音楽が素敵で魅了されるのと、
多くは語らないからよーく見てないと置いていかれちゃう
観る人の捉え方次第な感じもあり深い内容でした

ラストも希望へ向かってるのだろうけどその後が気になる終わり方で余韻がすごい.
スティーヴの母親やカイラに見せる暴力的な行動と愛情表現にハラハラとちょっぴりドキドキしながら堪能させていただきました.
ロランス観てすぐだったからこの人なんか観たことあるーと思ったら、フレッドが出てた🙄.
miki

mikiの感想・評価

4.7
感想が難しいけど好きだった。強い女性。
ReinaKondo

ReinaKondoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『ママは僕をいつか愛さなくなる』
このスティーブの台詞の後に自殺行為を
図ったところで考えさせられた。
障害を持った人にとって健常者が口にする普通は伝わらないかもしれないし、それを押し付けることも間違いなことで
いつか捨てられてしまう恐怖と寂しさで
いっぱいだったんだなと。。
フルスクリーンになった時にスティーブが口にした『僕は自由だ』っていう台詞がとっても印象的でした
私は負けない。何があっても。
自分も みんなも幸せであるように…。

決して飾らなく、真摯に受け止められる良い作品であった。

それでーーーー。
タルトでいいんだっけ?笑
>|