Mommy/マミーの作品情報・感想・評価

Mommy/マミー2014年製作の映画)

Mommy

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:138分

4.0

あらすじ

「Mommy/マミー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大好きなガタカやステラみたいのだと勝手に強く思い込んでしまった……
(全然違った💦感情のぶつけ合い苦手(-_-;)
なので★低めですが観てもらいたい一本ではあります。じっくりと、セリフにない心の叫び(表情)を観て欲しい)

かなり重くしんどい。
感情が爆発するシーンは息が詰まる。
今までに観たことない変わった画面手法の効果、圧倒的な三人の演技……ガツンと来た。

「この母親と同じ立場」だったら、、、
終始そんな風に考えながら観てしまうほど重かった。

どんなスティーブでも許し愛し、受け入れることが出来るのだろうか

傷付いた隣人の心の扉を、あんなにも容易く開けることは出来るのだろうか

なにより、、、
私は必死に生きてるのか……


20代の前半、障害児施設に手伝いで通っていたことがある。
軽い気持ちがすぐに吹っ飛んだ。
お母さんたち、本当に強くて大きかった。
robo9

robo9の感想・評価

4.2
これまでに見たいくつかのドラン作品の中で一番心にきた。架空の法案だけれど、措置入院など精神的に近い状態はたくさんあって、気持ちだけでは乗り切れない、現実だけでも溺れてしまうような辛さがよくわかる。俳優さんがものすごく良かったし、画面の使い方とか音楽とか、とにかく辛いけど希望と優しさのある一作だった。
1:1画面アスペクト比と16:9を組み合わせてる。
正方形から拡張されたときはいつのまにか、って感じで、16:9から戻るとなんか現実に引き戻された感が出てる。そして場面ぴったり。
ストーリーとしてはシンプルなようで複雑な、もどかしかったり、煩わしかったりする。
抜け出してほしい現実。
Penny

Pennyの感想・評価

4.4
美しすぎて、もう一度見たい。
りい

りいの感想・評価

3.6
苦しみ踠きながらも、子供を育てる親の深い愛情が痛いほど伝わってくる。
そして息子もうまくできない感情表現と、母への愛を伝えたい!って思いで頭がいっぱいになっているのが分かるから、度々涙が止まらないかった。
A

Aの感想・評価

4.3
アントワン=オリヴィエ・ピロンめちゃくちゃに魅力的な俳優
そしてドラン天才か
さすがグザヴィエドラン。
彼はやっぱり天才すぎる。

映画観てる時になんでこんなに
画面小さいんだろっておもって
たら、そういうことだったのね!
意味がわかったときの、あの
希望に満ち溢れたシーンは最高
に感動した。
そしてアントワーヌの演技力
半端じゃなかった…。
ADHDの息子も、その息子を
育てていく母親も本当に大変だと
思うけど、どんな困難にも負けず
お互い愛し合っているところが
見どころ。
最後の留守電のシーンはズルい
なぁ…完全に涙さそってる。

ドラン全然出てこないなぁって
思ってたら、終盤らへんで急に
でてきてテンション上がった!
mmmmmmmmm

mmmmmmmmmの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最初に違和感を感じたのは
画面がスクエアやったから
画面がスクエアなだけで
ネガティヴな感じ
それがスティーブがスケボーに乗って
手を広げる瞬間に
画面もフルになるところ!
希望、開放感、明るい未来
なんだかそんなものが感じられた
新鮮な映画技法😌

ぶつかり合いながらも
仲良くて
家族愛をすごく感じれて
家族の存在の大きさとか、
親のすごさとか
もちろん家族だけじゃなくて
自分の周りで愛情を注いでくれてる人達の大切さを
改めて突きつけてくれるような
そんな映画

あーーーーーーー寂しい!家族に会いたくなっちゃう!笑
ま

まの感想・評価

4.2
Wonderwallかかるとこめっちゃいい、
せつな苦しくて涙でた
スティーヴの服かわいいのと
ハッとするくらい映像が美しすぎるところがある
画面1:1で狭い分、ぐっと表情に注目できる
>|