はるな

あの日の声を探してのはるなのレビュー・感想・評価

あの日の声を探して(2014年製作の映画)
3.5
チェチェン紛争
エリツィン&プーチン政権下での暴挙と悲劇をリアルに表現していました。
ロシア兵に両親を惨殺された少年ハジ。
現実を受け止められないのか、言葉を失うと共に心を閉ざしてしまう。
そんな現実を世界に伝えようど奔走するEU職員のフランス女性。
一方ロシアでは、強制徴兵の名のもと、若者を紛争地に送り込み、国内での不満を逸らす。
そんな犠牲になった一人のロシア兵が、次第に殺戮を繰り返す様が恐ろしい。
この3人の視点から、チェチェン紛争の悲惨さを改めて突き付けられたように思います。