ぐみちょこ

サンドラの週末のぐみちょこのレビュー・感想・評価

サンドラの週末(2014年製作の映画)
3.5
ボーナスか、退職か。

サンドラにとっては人生の一つの分岐点。決定権を自分ではなく同僚の投票という形で委ねられどちらを選んでも善悪の付けられない2択。
サンドラの週末、というタイトルですが観客はサンドラではなく客観的に社会を覗いているような視点で見守ることになります。

同僚たちの選択、葛藤模様の描かれ方がリアルで職の有り難み、社会の生き方、人と人との繋がりの大切さを感じさせる人間味溢れる作品でした。

ドキュメンタリーチックで坦々としているのでこれは映画館でじっくり観たかった。