Osamu

サンドラの週末のOsamuのレビュー・感想・評価

サンドラの週末(2014年製作の映画)
4.2
「わたしは独りぼっち」。
サンドラの孤独の闘いを観る映画。

サンドラを解雇するか、全員のボーナスを無しにするか。それを従業員に投票で決めさせる。そんなのアリか。

そんなシビアな二者択一にガッツリ向き合う96分間。シビれた。

サンドラが同僚一人ひとりに、自分に投票するようにお願いに回る。最初は台本どおりのお願いの言葉が繰り返される。同僚とのやり取りの中で、その言葉が少しずつ変わって行く。そういう細部が面白い。

賛同されるとアグレッシブになり、断られると落ち込む。その行ったり来たりの繰り返しを追い掛ける。どこに着地するのか、ソワソワする。

この映画、ノーマークだったけれど、すごく良かった。観たことが無いタイプの映画だった。一番館での上映が終わった後も二番館、三番館と繰り返し上映されているのがうなずける。