サンドラの週末の作品情報・感想・評価

サンドラの週末2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言…

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

「サンドラの週末」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
ダルデンヌ兄弟の作品は不勉強にして『ある子供』しか観ていないのだけれど、二度流れるカーステレオからの音楽を除けば BGM は流されず、扇情的にこちらの気分を持ち上げたり下げたりさせないあたりはダルデンヌ的と言えるのだろうか。点数は低くなったがつまらないというわけではない。むしろ今後の EU ないしは日本の雇用情勢を考える上では「必見」とすら言えるのかもしれない。では何故点が低くなったのかと言えば、例えばアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『BIUTIFUL』や(この映画は音楽にも救われていたのだが)ケン・ローチがやったようにサンドラと彼らを取り巻く貧窮をきちんと描けていないことに尽きる。失業って確かに重大な危機だね……という以上のものが響いて来ないのだ。ステレオタイプなものであるにせよ、社会問題を扱うならもっと多彩なニュース/トピックを取り入れて分かりやすく提示すべきだったのではないか。これでは長めの短編映画を一本観させられたような気にしかならず、オチの余韻も興が醒めてしまう。
観て良かった。
かつ

かつの感想・評価

4.2
コティヤールさんが素晴らしいです😃
いつも華やかで美しい彼女がほぼ素っぴん&タンクトップでシングルマザー役をものにしてました!

オスカー候補も納得です😃

マリアンヌの妖艶でカッコイイ女スパイがダントツに好きですがこのコティヤールさんも素敵です😃
sonozy

sonozyの感想・評価

3.9
引き続き、ベルギーのダルデンヌ兄弟監督作品。
うつ病で休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)が復職を目指すお話。
サンドラはまだ薬も服用しているが復職の意志は強い。二人の子供がおり、稼ぎが十分ではない夫も復職を強く希望している状況。
会社は経営難から、社長/主任主導で「ボーナスを受け取る」vs「サンドラを復職させる」という二択の投票を16人の同僚に行い、その結果とある金曜にサンドラの解雇が決まってしまう。
不服なサンドラは社長に週明け月曜の無記名での再投票実施を認めさせる。
月曜までの二日間、夫の協力も得つつ同僚達にボーナスを諦めサンドラの復職に投票して欲しいと説得して回るサンドラだがそれぞれ家庭の事情/都合もあり・・・
マリオン・コティヤールのまさに当事者そのものリアルな演技が素晴らしいです。
この作品も当然ながらハッピーエンドも素敵な音楽も無し。
人権・尊厳・共生とは...見る側に突き付けられます。
(Netflix)
nao

naoの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

超社会派フレンチ。
3人でGloria歌うシーンは最高だった。
やっぱりロックは戦う音楽!
一緒に戦うことで夫婦仲も取り戻せたし、いいんじゃない?
何かそういう出来事がないとね。
ボーナスか同僚…
アルバイトじゃなくて、生活が掛かってるとなると、自分もお金を選んでしまうかもしれない。
現実は厳しいけど、希望が見える、これまた爽やかなラストでした。
それから、マリオン・コティヤール演技うまっ!リアリティがたまんない!
n

nの感想・評価

-
マリオン!素晴らしい!!

このレビューはネタバレを含みます

on s’est bien battu !
でジーンときた
かなり病んでたけど、サンドラはここから元気になっていくだろう
同僚の復職か。自分のボーナスか。

ひどい多数決だなって思う。笑

自分のボーナスを犠牲にできない人を
簡単には責めれない。

その人も生きるのに必死だから・・。


でも
「どうせ無理」って思いながら
必死に町中駆け回って説得して

人の心を動かす。


結果よりも
そうやって動いた過程評価して

「わたしよくやったよね」
って自分を認められた主人公に

救われた。


マリオン・コティアールの自然さが素敵すぎる!
マリオン・コティヤール流石です。
>|