サンドラの週末(2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • / 上映時間:95分
    監督
    ジャン=ピエール・ダルデンヌ
    リュック・ダルデンヌ
    脚本
    ジャン=ピエール・ダルデンヌ
    リュック・ダルデンヌ
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    ファブリツィオ・ロンジョーネ
    オリヴィエ・グルメ
    カトリーヌ・サレ
    クリステル・コルニル
    ピリ・グロワーヌ
    あらすじ
    サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

    「サンドラの週末」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/28
    3.6
    ダルデンヌ兄弟の作品は不勉強にして『ある子供』しか観ていないのだけれど、二度流れるカーステレオからの音楽を除けば BGM は流されず、扇情的にこちらの気分を持ち上げたり下げたりさせないあたりはダルデンヌ的と言えるのだろうか。点数は低くなったがつまらないというわけではない。むしろ今後の EU ないしは日本の雇用情勢を考える上では「必見」とすら言えるのかもしれない。では何故点が低くなったのかと言えば、例えばアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『BIUTIFUL』や(この映画は音楽にも救われていたのだが)ケン・ローチがやったようにサンドラと彼らを取り巻く貧窮をきちんと描けていないことに尽きる。失業って確かに重大な危機だね……という以上のものが響いて来ないのだ。ステレオタイプなものであるにせよ、社会問題を扱うならもっと多彩なニュース/トピックを取り入れて分かりやすく提示すべきだったのではないか。これでは長めの短編映画を一本観させられたような気にしかならず、オチの余韻も興が醒めてしまう。
    saru
    saruの感想・レビュー
    23時間
    3.3
    記録
    atsuki
    atsukiの感想・レビュー
    1日
    4.2
    【生きる証を見つける冒険】

    『ロゼッタ』や『ある子供』でカンヌ国際映画祭でパルムドームを受賞してきたジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌが送る週末の家庭訪問ムービー。

    個人的には良い意味として、驚くほどに淡々としている。カメラの手ブレは多いし、音楽もかからないし、照明も使っていないと思う。ベルギーの社会問題を背景に組み込んでいる事なども相まって、既にドキュメンタリーの域に突入しそうなところを、一様フィクションのヒューマンドラマとして繋ぎ止めているのは、アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされたマリオン・コティヤールの力が大きくある。

    マリオン・コティヤールこそ、演出と言わんばかりにマリオン・コティヤール100%絞りの映画を体験出来る。ポスターでも印象的なピンクのタンクトップ姿や主人公のサンドラがうつ病の病み上がりだからこそ、壊れそうで壊れない難しい感情を繊細なまでに表現してて素晴らしい。

    原題『Deux jours, une nuit/Two Days, One Night』の通り、週末の「2日と1夜」に行う多種多様な16人の同僚へと家庭訪問する。多種多様であるからこそ、サンドラに対しての対応も様々だ。そんな中で淡々とした映画である一方、その「対応」の駆け引きやサンドラが苦悩や葛藤をしながら同僚に会うために街を駆け回るからこそ、サスペンスチックな精神的アクションを楽しめる。そのプロットは正に冒険モノの様。

    そして冒険を終え、週が明けた月曜日。

    ある結末を迎え、生きる証を見つけた帰途を歩くサンドラのその姿は、なぜあれほどまでに勇ましく、また美しいのだろうか…
    nora
    noraの感想・レビュー
    1日
    3.1
    あー。もう。鬱映画。つらすぎる。
    セバスチャン
    セバスチャンの感想・レビュー
    2日
    3.8
    無駄がなくて見やすかった。レンガの壁の前で説得するシーン、二人の真ん中で分かれる壁の模様が、まるで二人が違う世界で話してるかのようにみえた。終わりかたも好き。
    は
    の感想・レビュー
    2日
    3.7
    ある事柄をそれ以上にもそれ以下にも見せない感じがダルデンヌ兄弟らしくて素晴らしい。

    内容もど渋い。解雇を言い渡されたサンドラが週末に同僚をひとりひとり訪ねて事情を話してボーナスを諦めてくれないかと頼んでまわる…。理想と現実。共感と反発。貧困という暴力。

    このご時世、共感=無駄な消費になりがちだけど、本来共感する気持ちはとても人間らしくて大切なことなんじゃないかなと。

    んで、「午後8時の訪問者」が楽しみ。
    Blue
    Blueの感想・レビュー
    2日
    3.0
    記録
    猿
    の感想・レビュー
    3日
    -
    コティヤールって美人なくせにカラダはってるなって思う。もちろん褒めてる。
    >|