サンドラの週末の作品情報・感想・評価

サンドラの週末2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:

上映時間:95分

3.4

あらすじ

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言…

サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

「サンドラの週末」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.6
ダルデンヌ兄弟の作品は不勉強にして『ある子供』しか観ていないのだけれど、二度流れるカーステレオからの音楽を除けば BGM は流されず、扇情的にこちらの気分を持ち上げたり下げたりさせないあたりはダルデンヌ的と言えるのだろうか。点数は低くなったがつまらないというわけではない。むしろ今後の EU ないしは日本の雇用情勢を考える上では「必見」とすら言えるのかもしれない。では何故点が低くなったのかと言えば、例えばアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『BIUTIFUL』や(この映画は音楽にも救われていたのだが)ケン・ローチがやったようにサンドラと彼らを取り巻く貧窮をきちんと描けていないことに尽きる。失業って確かに重大な危機だね……という以上のものが響いて来ないのだ。ステレオタイプなものであるにせよ、社会問題を扱うならもっと多彩なニュース/トピックを取り入れて分かりやすく提示すべきだったのではないか。これでは長めの短編映画を一本観させられたような気にしかならず、オチの余韻も興が醒めてしまう。
人生は道である。長い長い道。
Ayk

Aykの感想・評価

4.0
記録
Tyga

Tygaの感想・評価

2.5
絶対病気治ってないだろ!!!

離婚はめっちゃ正解だと思った。
お金か人かの単純な二択などない。
ナディーヌが会わない理由はめっちゃわかる、多分会ったら気持ちが変わっちゃうから。
音が導く映画。話は一本調子だが、そういう演出で興味が持続する。

ラストは爽快。薬に頼っていた主人公が遂に立ち上がる。
遠藤

遠藤の感想・評価

-
なぜか見てしまえる なんか高貴
レナ

レナの感想・評価

3.5
サンドラと同僚一人一人の関係をひたすら映す。彼らの倫理感とエゴ、立場、大切な人々、それらを重層的に見ることによって、善悪で完結しない、人と人との関係の難しさを感じた。それでも、サンドラを献身的に支える夫や、ボーナスを放棄して彼女に投票する決心をした人々によって、希望を持つことができる。

マリオンのヒロイン映画でもあって、力強く歩き出す清々しいラストが良かった。
現実的な内容
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

4.0
淡々としているけど、芯が強い。
この映画全体にも、主人公のサンドラにも共通している素晴らしさ。

望んだ通りの結果にならなくても、自分ができることは勇気をだしてやりきれた。
自分の行動によって動かせた人もいる。

勝ち負けじゃなく、どう闘ったか。
それこそが自分に揺るぎない自信をもたらしてくれる。
>|