サンドラの週末(2014年製作の映画)

Deux jours, une nuit/Two Days, One Night

上映日:2015年05月23日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • / 上映時間:95分
    監督
    ジャン=ピエール・ダルデンヌ
    リュック・ダルデンヌ
    脚本
    ジャン=ピエール・ダルデンヌ
    リュック・ダルデンヌ
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    ファブリツィオ・ロンジョーネ
    オリヴィエ・グルメ
    カトリーヌ・サレ
    クリステル・コルニル
    ピリ・グロワーヌ
    あらすじ
    サンドラは体調不良から休職していたが、まもなく復職する予定だった。ある金曜日、サンドラは突然解雇を言い渡される。しかし、同僚のとりなしで週明けの月曜日に同僚たちによる投票を行い、彼らの過半数がボーナスを諦めてサンドラを選べば仕事を続けられることになる。ともに働く仲間をとるか、ボーナスを取るか、シビアな選択……。その週末、サンドラは家族たちに支えられながら、同僚たちを説得して回る――。どのような言葉で人の心は動くのか、自分の人生と善意は天秤に掛けられるのか、サンドラは仕事を続けられるのか……サスペンスに満ちた展開に目が離せず、投票の瞬間は見る者までもが緊張をしてしまう。人と人の絆、人間の強さ。愛とかすかな希望を抱いて、彼女の長い週末が始まる。

    「サンドラの週末」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/28
    3.6
    ダルデンヌ兄弟の作品は不勉強にして『ある子供』しか観ていないのだけれど、二度流れるカーステレオからの音楽を除けば BGM は流されず、扇情的にこちらの気分を持ち上げたり下げたりさせないあたりはダルデンヌ的と言えるのだろうか。点数は低くなったがつまらないというわけではない。むしろ今後の EU ないしは日本の雇用情勢を考える上では「必見」とすら言えるのかもしれない。では何故点が低くなったのかと言えば、例えばアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『BIUTIFUL』や(この映画は音楽にも救われていたのだが)ケン・ローチがやったようにサンドラと彼らを取り巻く貧窮をきちんと描けていないことに尽きる。失業って確かに重大な危機だね……という以上のものが響いて来ないのだ。ステレオタイプなものであるにせよ、社会問題を扱うならもっと多彩なニュース/トピックを取り入れて分かりやすく提示すべきだったのではないか。これでは長めの短編映画を一本観させられたような気にしかならず、オチの余韻も興が醒めてしまう。
    亘
    の感想・レビュー
    7時間
    3.7
    サンドラは鬱病から回復したために復職しようとしたが社長から解雇を言い渡される。それは従業員が投票で彼女の復職よりボーナスを選んだからだった。再投票までの2日間、生活のためにサンドラは同僚たちに彼女の復職に投票するよう懇願する。

    サンドラの復職か自らの生活か、窮地に立たされた時の人の葛藤を描いているように感じた。月曜日の再投票に向けてサンドラが同僚の家を周る中で同僚それぞれの考え方や事情が見えてくる。「不景気で生活が苦しい」、「妻が解雇された」、「リフォームに金が必要」、多くはサンドラに優しい言葉をかけつつもボーナスがほしい。中には社内にもめ事を起こしたくないからという理由でボーナス派の人もいる。工場の従業員は16人しかいないから、皆の顔がわかるような小さいコミュニティの中で孤立したくないということもあるんだろう。

    サンドラはなかなか説得が上手くいかずにくよくよしながらも夫マニュの助けや賛成派のジュリエットの助けを借りながら説得を続ける。そんななか徐々に味方が出てきてサンドラも自信を持ち始める。自分よりもサンドラを優先した同僚たちの姿勢は素晴らしかった。特にアルフォンソは臨時職員で弱い立場にあるにも拘らず良心に従ってサンドラの味方になる。彼は貧しいけどもかっこよく見えた。

    月曜日の朝、投票の後でサンドラは社長から呼ばれて話をされる。そこでサンドラが下した決断は少し以外ではあったけど、それまでアルフォンソたちの優しさに触れたサンドラにとっては簡単な決断だったのかもしれない。ラストのサンドラの後ろ姿はどこか明るい未来を予感させた。

    印象に残ったシーン:ティムールが謝罪をするシーン。アンヌがサンドラの元に戻ってくるシーン。アルフォンソがサンドラと話すシーン。最後に社長室で社長と話すシーン。
    しか
    しかの感想・レビュー
    2日
    -
    最悪のときにこそ真価が問われる。
    つらいけどきっとあの選択をしたことがサンドラの自信を強くするだろうと思う。
    アイムトントン
    アイムトントンの感想・レビュー
    3日
    3.5
    もし自分が同じ立場なら?と考えてしまった。
    心の病気はなかなか難しいと思うし、本人の意志がはっきりしていれば、こういう問題にも発展しないだろうし、こんな職場辞めてやる!みたいな。
    けど、雰囲気的に就職難だろうなって感じはした。
    サンドラをボーナスを捨ててまで、復職を願うことは、自分には出来るのか…
    結構、キツい選択ですよね。
    それに彼女の姿、今にも壊れそうな姿は見ていて切ない、助けてあげたいと切に願いたい気持ちになる。
    けど、なんだろう…ラストの展開はなんとなく予想がついたけど、清々しいサンドラに安心感を覚えた。
    夫やサンドラを気遣ってくれた人、人の優しさはサンドラを成長させたんだろうね。
    山田
    山田の感想・レビュー
    3日
    3.5
    鬱病を患うマリオン・コティヤールがハマリ役
    大きな展開はないけど少しの希望を感じるラスト
    旦那さん役の人、よかったな〜
    megu27
    megu27の感想・レビュー
    6日
    3.2
    鬱で休職していた女性が復職をすべく頑張ろうとするのだが社長の方針と同僚の気持ちと自分の中の許容範囲で苦悩する…私にとっては最初は退屈に感じたけれど、まるで身近で起きた事のように感じてきて、誰にも感情移入できてないのに見入っていった不思議な作品。
    つむじ
    つむじの感想・レビュー
    6日
    -
    サンドラは素敵な女性だよ‼
    よく頑張ったよ(T-T)
    瑚海みどり
    瑚海みどりの感想・レビュー
    2017/05/20
    3.8
    精神的に病んで休職していた自分ををクビにするか、ボーナスのどちらかを選べと会社から選択を迫られた同僚たちに自分の復職を願いに会いに行くと言う、サンドラがやっている事といったら、ひたすらそればっかりなのだが。
    とにかくツラい。
    ただでさえ、病みあがりで不安定なのに、同僚たちも自分の家庭も余裕もなく、サンドラ寄りになり辛い。
    薬を頼りにはしてしまうけど、サンドラは、人でなしではなかった。
    何を大事にすべきなのか、重いテーマ。
    自分が溺れてはヒトを助けられないし・・
    ShumonSugiura
    ShumonSugiuraの感想・レビュー
    2017/05/19
    4.2
    等身大の「人」を観れる作品。

    一人ひとりのお金や仕事、家族、人間関係といった要素が生々しく描き出されている。
    そしてどの人の言い分もよく理解できる。一筋縄にサンドラを応援するのも偏った意見になるし、諦めなくてはならない状況というのもはっきり描かれ、それも映画の現実味を帯びさせている。

    一人ひとりの交渉には毎回ドキドキさせられ、緊張感と共に見入ってしまう。
    そしてあのラストは映画的にとても良いと思った。
    エンドロールが街の音なのも斬新かつ余韻を感じさせる良いアイディアだった。

    毎度の事ながらマリオンの演技には脱帽。
    >|