mingo

雪の轍のmingoのレビュー・感想・評価

雪の轍(2014年製作の映画)
3.7
ギンレイホールにて鑑賞。
ヌリビルゲ初鑑賞。
物語を語るというよりお互いの心を掘り下げていく映画。話して相手をわかろうとすることの大切さ。

夫婦間のやりとりはとことん人間の深層心理を突き詰めようとしているようにもみえるが、単なるブルジョアの戯言にもみえる。最後の貧富の差を見せたかったから前半があるのか、と思えばそうでもなかったりする。
寓話的でかつ哲学的で、観てる最中はあーでもないこーでもないなんて様々なことを考えてみたが、時が経ってみるとよくわからんことよ。

仕事が忙しい中で観たから万全の状態でまた挑みたい作品。