ナユラ

アメリカン・スナイパーのナユラのレビュー・感想・評価

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)
4.0
英雄物語ではない気がした。

感動的な気持ちになる音楽がなかったせいかな。

イーストウッドの描き方は絶妙なバランスだったと思います。

表向きは強い愛国心を持った狙撃兵が戦争に行き家族の元に戻る話ではあるのですが、その裏にメッセージがたくさんあったように思います。

クリスの言う国のために闘う、仲間の敵討ちに覚える違和感。
偽善であり、または本能的な衝動や暴力性に従う行動を正当化する理由だったのかもしれない。

周りが口にする“伝説”が皮肉に聞こえた。

戦争は誰の心にも影響する。
奥さんの言葉が印象的でした。

子供を撃つシーンから始まるこの映画はやはり反戦映画なのかと思いました。
あと、戦場の描写がリアルで戦争は嫌やなと思いました。

エンドロール無音だったの?!
見てないや(^^;;
あと、グラントリノの時も思ったけど、イーストウッドの映画はひとつのシーンがゆっくりな気がするおじいちゃんのせいかしら