セロリマン

アメリカン・スナイパーのセロリマンのレビュー・感想・評価

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)
4.0
彼女との出会い、「愛と青春の旅立ち」
兵士の狂っていく姿、「ディアハンター」
山猫は眠らないシリーズの緊張感

米兵メソッドがかけ合わさったようなハイブリッド戦争映画でした。

しかし、この映画の他にはないすごいところは、仲間を救うと言う信念をもった一人の男にスポットを当てて、戦争の恐怖、家族の愛、仲間の絆を、スナイパースコープを通したドキドキの映像で魅せてくれるところでしょう。
まさに彼の言葉、「狙いは小さく」でしょう。


英雄の信念である、仲間の救済、ですが殺人という行為の前では言い訳、自己防衛でしかありません。

その辺は重く受け止めて、戦争はしちゃいけないと思います。

いろいろ勉強になった映画です。