あがまる

アメリカン・スナイパーのあがまるのレビュー・感想・評価

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)
3.8
緊張感のたえない映画。
戦闘シーンはもちろんのこと、それ以外のシーンでも常に緊張感をまとっている。
程度は異なるが通常時からストレスを感じておかしくなってしまう主人公に重なる。
鑑賞終了後、エンドロール中ではなんだかどっと疲れた。実話であるってこともあり、より考えさせられる内容だったからなのだろうか。
アメリカの戦争映画としては、精鋭たちの戦闘、捕虜になっても決して情報を渡さず、希望を捨てずなんとか帰国、戦争をとりまくお偉いさんたちのお話等がほとんどでる。
その中で今作では、兵士として仕事をする中で一個人としての葛藤、そして人としての根本から変化していってしまうことを描いている。
兵士とはいえ、戦争とはいえ、人の死に関わり続けることのストレスは計り知れないのであろう。