カテリーナ

アメリカン・スナイパーのカテリーナのレビュー・感想・評価

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)
4.5
やっぱりイーストウッド
秀作だった
体重増やして肉体改造して臨んだ
ブラッドリー・クーパー
なんか可愛いクマちゃんみたい
どんなにマッチョに変身しても目がつぶらなのよ
真面目な映画なのに不謹慎極まりない私

イーストウッドは映画を撮る前にとことん下調べをするとラジオ番組で聞いた
そのつもりで今作を鑑賞すると
戦争の恐ろしさを改めて
思い知らされるのだ
狙撃手としてイラクに派遣され
帰還する度に心が壊れていくのを
ジワジワと見せられる
本人にしてみれば至って普通と思い込んでるのが一番恐ろしい
何かの音でスイッチが入ったら
じゃれてるだけの愛犬さえ殴ろうとする
彼らにとっての「普通」が
戦場なのか故郷なのか
区別がつかなくなっているのか?

何年か前に鑑賞した『ハートロッカー』の主人公と重なってみえる

運命に捕まった結末と
無音のエンドロールで
私の心にずっしりとした重さを残した戦争映画であった