アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るとこ…

米軍史上最多160人を射殺した男。国を愛し、家族を愛し、それでも戦場を愛した男――。 ある日、9.11の惨劇を目撃したクリス・カイルは、自ら志願し、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊をする。イラク戦争のさ中、クリスが命じられた任務は「どんなに過酷な状況でも仲間を必ず守ること。」その狙撃の精度で多くの仲間を救ったクリスは“レジェンド”の異名を轟かせるほどになる。しかし、彼の腕前は敵の知るところとなり、“悪魔”と恐れられ、その首には2万ドルの賞金を掛けられ、反乱兵たちの標的となってしまう。 一方、クリスの無事を願い続ける家族。平穏な家族との生活と想像を絶する極限状況の戦地…過酷なイラク遠征は4回。愛する家族を国に残し、終わりのない戦争は幾度となく、彼を戦場に向かわせる。度重なる戦地への遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく… 息つく暇もない極限の緊迫感で誰もの心を打ち抜く―伝説的スナイパーの半生を描いた、衝撃の実話。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける――。

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.8
やっぱノンフィクションは入りやすい。
そしてイーストウッドは伝えたいことがわかりやすい。
光と影。
戦争ものはあまり観ませんが気になって。
結末が切なすぎる…
kuroday

kurodayの感想・評価

4.0
国を守る事が家族を守る事なのか?そんな葛藤を実在した一人の狙撃兵を中心に描いている。
911アメリカ同時多発テロ事件後、イラク戦争へ狙撃兵として携わるが、4度の出兵でレジェンドと呼ばれ伝説的な仕事を行う。
度重なるイラクへの出兵で狙撃を続けていくがやがて心が蝕まれていく。守るべきは何かを考えさせられる強烈な戦争映画だ。
テキサス生まれのクリス・カイルの自伝の映画化。
火星人

火星人の感想・評価

3.4
さいごこわい
胡蝶

胡蝶の感想・評価

4.0
記録用

クリス・カイル"最強の狙撃手"。
数々の功績を残す。
この作品を通して、イーストウッドはクリスの栄光は勿論のこと、"兵士と家族の絆"や"戦争の犠牲"にスポットをおき、また戦地と家庭を往復する異常さも描いた。
戦争というのは、経験した者しか決して伝わらない過酷さがあると思うが、その真実を描き出した愛のある物語に仕上がっていると思う。
観ておいて良かった。

P.S.
最後、ハッピーエンドからの悲劇的な結末。
これは想像していなかった。衝撃。
何度も現地から帰還しているのに、まさか母国で簡単に……と思うと虚しくなった。
戦争でなくたってなにがあるか分からない。

辛くても一生懸命に生きよう。。
Mokoi

Mokoiの感想・評価

4.0
戦闘時、目を覆いたくなるような残酷なシーンがあり戦争の悲惨さを痛感した!
狼は悪なのか? スナイパーを英雄扱いしているアメリカをも客観的に描いている。セリフや表情が少ないクーパーだが、スナイパーの苦悩と矛盾、極限における心理が描かれ、決してアメリカ万歳の映画ではない。戦争における犠牲が淡々と伝わってくる映画。
狼は悪なのか?なぜ狼は羊を襲うのか?
イラクにしたらアメリカが野蛮人なわけで。それぞれの言い分、それぞれの正義。愛国心が悪いわけではないと思う。
暴力でなく知力で解決できればいいのに。
Keigo

Keigoの感想・評価

4.0
こういう人が実際に存在するのって果てしない闇だな
映画のプロットとは関係ないけど帰還兵の自殺率は尋常じゃないので、心理的ケアの質の向上、そもそも戦争をなくなさないといけない。
rubiokishi

rubiokishiの感想・評価

3.3
うん、なんかなんともいえん
>|