アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

アヤ

アヤの感想・評価

3.7
ブラッドリー・クーパーの体つくりすごー!ハング・オーバーの人と同一人物って気づかなかった。

少しずつおかしくなっていく様や、仲間思いなところと家族との葛藤が苦しい。子供を狙ってるところはやめてーって同じ気持ちになった。

戦場でのハラハラと家族との団らんとで緩急ついてて見やすい、かな?と思った。どっちの場面を見てても苦しいのは変わらないんだけど。
masa

masaの感想・評価

3.5
クリス・カイルの自伝を基にした伝記映画
2000年代に4度のイラク戦争に従軍しアメリカ軍史上最多の160名を射殺したスナイパー
過酷な戦争経験で壊れていく人間を描く
P

Pの感想・評価

3.7
ブラッドリー・クーパーの厚っっい身体作りすごかったな
Kei

Keiの感想・評価

3.2
ちょっとレビューもコメントも難しいなこの映画。

160人以上のターゲットを殺した、ある意味英雄でもあるスナイパーを描いた物語。
ブラッドリー・クーパーが役作りで20キロ程体重が増えるまでトレーニングしてアカデミー賞にノミネートされた事も話題になった。
スナイパーのありかたについてマイケル・ムーアがネットで批判したりと場外乱闘が騒がしかったのも覚えている。

主人公はPTSDにかかりながらも任務を全うして退役後に同様にPTSDに掛かった退役軍人に殺されるという、なんともコメントが難しい死に方をした実在の人物で、作品としてとても難しいテーマに踏み込んでいると言える。

当時は日本にいても今よりずっと中東帰還兵のPTSDや心の病を原因とした衝動的殺人事件が沢山報道されていて、クリントイーストウッドらしい退役後のPTSDを中心に据えた厭戦的テーマでありながら、国家的英雄を戦争の華として描かなくてはいけない点がなかなか両立が難しかった様子。

英雄譚なのか反戦映画なのか少しわかりにくいが、退役軍人の後悔を何度か映画にしているイーストウッドなので、映画の方も反戦が根底にあるとは思うんだけどこのあたり少しぼんやりしている。
おかげで場外戦もなんだかわからない事になっていて、公開当時はめんどくさくてなんとなく観ないでいた。

あらためて視聴してもほんとに難しい、立場や情勢もあるので中途半端な映画でしたの一言では済ましにくいんだけど、時間がたってから観てもやっぱりちょっと歯切れが悪い。
yrtkym

yrtkymの感想・評価

2.8
当たり前の日常って
S

Sの感想・評価

4.0
イラク戦争での話。
すごく重いし悲しくなるし地獄のようなシーンばかりで心洗われるようなところもない、けどそれが戦争。
最後は手を差し伸べようとした所で殺される。本当に戦争は地獄。
悲しい映画だけどみんなに見て欲しい。
Chad

Chadの感想・評価

3.9
実在の人物と同じ年の生まれだと分かったらより切なさが増しました…

A級(ランク詳細はプロフィールにあります)
>|