アメリカン・スナイパーの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・スナイパー2014年製作の映画)

American Sniper

上映日:2015年02月21日

製作国:

上映時間:132分

3.9

あらすじ

「アメリカン・スナイパー」に投稿された感想・評価

Jaya

Jayaの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

シーンの内容ほどの緊迫感のある映像になっていない、という印象でした。
砂嵐の中の脱出シーンくらいでしょうか、グッときたのは。

主眼が戦争なのか、ムスタファとの対決なのか、PTSDなのか、判然としませんでした。
ムスタファが全く人格化されていないので、緊張感もなく、クリスが2kmもの超遠距離射撃を可能にする背景の描写もないので、射殺シーンも唐突な感がありました。
家族とのシーンで心を病む様子が示唆されていますが、戦場のシーンの描写が比較的平坦なので、何が心にダメージを与えたのか、救いはどこにあるのか、これも判然としません。最初に殺したのが少年の割に、平然としていましたし。
家庭と戦場のシーンの行ったり来たりも頻繁すぎる感があり、そもそも、最初の30分は全部カットしてもいいんじゃないかと思いました。
あと弟どこ行ったんですか?

言いたいであろうことと、金がかかっているであろうことは伝わってきましたが、実際に言いたいことはよく分からない映画でした。
maruri

maruriの感想・評価

3.4
これが実話なのが本当に辛い。守るために女でも子供でも撃たないといけない葛藤などが凄くちゃんと描かれていた。
どんでん返しの意外な展開があるとかではないが、人間ドラマの作品としてこんな方がいたんだとしっかり表現されている。
ガス

ガスの感想・評価

5.0
実話
愛国者なのよなあ日本人は馴染みないけど
ラストで机殴ったぞ!
Shou0804

Shou0804の感想・評価

3.0
何が正義で
誰が悪なのか

戦争は幸せを生み出さない

悲しみと苦しみ
やった側もやられた側も
Madoka

Madokaの感想・評価

4.9
めちゃ泣いた
えみ

えみの感想・評価

3.3
重かった。純粋な愛国心で、イラク戦争時米兵の「守護神」として闘っていた一兵士のノンフィクション。
戦争賛美作品との批判も公開時はあったとのことだが、そうは解釈できなかった。かと言って、戦争は絶対だめだ!という明白なメッセージ性があるわけではない。淡々と、主人公の壮絶な生涯を客観的に描いた作品だと思う。
国を守るために、人を殺し続けているはずだった。でも送り込まれた兵士たちは皆、命の危険にさらされ、腕や目を失い、心を蝕まれた。自分たちは、何から国を守っていたのか、根本的な問いに答えを見いだせないことに気付いたら最後、大義を失った彼らの精神は平穏を保てなくなるのだろう。イラク戦争の正当性が今でも疑われているが、結局、戦争で救われ、解決されることなんて何も無いということ、そのただ一つの真実だけが、生々しい映像と、残酷な結末と共に思い知らされる。

ーーーーネタバレーーーー



最後の追悼パレードのシーンを見ながら思う彼は本当に称えられるべき人だったのか?それとも彼は国の被害者で、哀れまれるべき人なのか?はたまた罪のない人々を殺した罪人か?
結局誰しもを被害者にし、加害者にしてしまう、非人道の極みが戦争なんだ。
hide

hideの感想・評価

4.1
クリントイーストウッド監督の作品は心えぐられ系が多いので覚悟して観ましたが、見事に裏切られました。
情報を入れずに観て良かった。

はぁ…辛い。
パドゥ

パドゥの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンで実話と知ったけど、主人公のクリスが2013年に亡くなって、本作が2014年なので、イーストウッド監督は思うところがあってすぐに本作に着手したんだなぁ。

米国人の作った映画で、米軍の是非は、ここで語ることではないから置いといて、祖国を守るために戦地に何度も派遣される軍人は、米国では尊敬されているようだった。

派遣される度に、クリスの精神が摩耗されていって、どんどん良くない方向に向かっていくので、観ていて気が重くなってきた。
4回の派遣を無傷で乗りきったスナイパーが、最期はPTSDで苦しむ元米兵に射殺される、というのもなんと皮肉な運命に感じるし、エンドロールも無音だったのも余韻があって良かった。

ブラッドリー・クーパーもシエナ・ミラーも今まで観た中ではこれが一番良かったなぁ。
シエナ・ミラーは私にはものすごく覚えにくい顔でヘアカラーやイメージ変えられると気づけない。本作もなかなか気づかなかったけど、こういう普通の人を演じるのに向いてる気がした。
>|