わたP

私の少女のわたPのレビュー・感想・評価

私の少女(2014年製作の映画)
4.0
クソ田舎のクソ閉塞感がほんとに嫌いで、そこにはそこのルールがあるんだよ、とか、正直知るか!と思ってしまう。僕もそんなクソみたいな田舎に住んでいる人間だけど、じゃあその生活変えるためになんかしたんか?昔と同じようにやって首絞めてるだけじゃないのか?とか、自分の身近にもある田舎のムカつくところを描いてくれていたので、ものすごく気持ちが昂った。

終盤に向けて、主人公が自身の秘密の影響でどんどんと窮地に追いやられるのだけど、ものすごいフラストレーションが溜まって、これがタランティーノやマシューヴォーンの映画なら全員ぶっ殺してくれてどんなにいいだろうかと思ったけれど、果たしてこれが最善なのかと言うところに映画は着地したので現実はなんと苦いものかと思った。
偏見から逃げてきた主人公が、戦う意思を見せた素晴らしいラストだった