私の少女の作品情報・感想・評価・動画配信

「私の少女」に投稿された感想・評価

何気なく見た作品だったが、大当たりだった。

・同性愛
・児童虐待
・不法移民
・地方過疎化
といったテーマが綺麗なプロットに練り込まれている。

そして、ペドゥナ、キムセロンの迫真の演技。

マイベストに入る作品。
saeri

saeriの感想・評価

3.7
キム・セロンのあの目は何か企んでいるようにしか見えない
でもそれが含みをもたせていて効いている
u

uの感想・評価

-
2016.6.22
過疎で高齢化した集落で起こるLGBTの女署長と児童虐待の被害者である少女の物語。不法入国者に対するタコ部屋的労働環境が物語に絡んできて、お隣の国だけの話とすまされない身近なテーマです。少女への虐待は、父親が村の経済を支える貴重な若者なので、周りは知らないフリをします。女署長の今回の左遷は、同性愛の発覚という不祥事(!)の引責です。問題を重層化複合化して捉えているのでリアルで通り一遍になりません。「アジョシ」で10才だったキム・セロンは14才。背も伸びて多感な過渡期を実在感と深みをもって演じています。
『私の所長さん』から『私の少女』にちゃんとなった。そこに感動する。止まない雨でも行く覚悟。
傷だらけのインド人と無傷のぺ・ドゥナをある意味似た者同士と思わせる留置場での切り返し凄い。

このレビューはネタバレを含みます

小さな怪物を生んでしまったのは何だったのか。そこに気付きドヒを救うことこそが、ヨンナム自身を救う鍵になっていた。

それにしてもLGBTへの偏見の目というか。でもこれに関しては警察の対応も間違ってないしなあーという複雑な気持ち。
二時間の間ずっと暗い、そして重い…色々な社会問題がてんこ盛り。

でも、ぺ・ドゥナとキム・セロンの演技合戦で観ていられる。ふたりのやり取りに引き込まれてしまう。

韓国映画の子役はすごい。
映画と言え、こんなに過酷なシーンで演技できるってどんだけプロ根性あるねん!って作品がホント多い。

キム・セロンちゃん、アジョシの時も良かったけど、成長してさらに難しい役をこなしきってたよなぁ。

ぺ・ドゥナもいいね👍
この間観たのが『吠える犬は噛まない』だから、キャラが違いすぎて興味深かった。
めり

めりの感想・評価

3.0
セクシャルマイノリティ、虐待、外国人労働者問題などを取り扱った作品。
途中14才の少女が女の嫉妬、ハニートラップ的なことをしたりゾッとする場面はあるものの、割りとスッと物語がおわりますね。
あ

あの感想・評価

3.7
見たことあるなと思ったらコンミョンか笑
やっと顔覚えた
最後に見たときよりちょっと大人になったキムセロンだった
何度目かの鑑賞。
改めて観ると、最後の選択は容易な決断ではないなと痛感。
映画の先を考えてしまういい映画。
>|