365日のシンプルライフの作品情報・感想・評価・動画配信

「365日のシンプルライフ」に投稿された感想・評価

JOKER

JOKERの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

思ってた感じとは違った。
もっと孤独孤独してるストーリーかと思ったけど、良い仲間がいて、おばーちゃんと仲良しで、お母さんとも笑い合ってて周りに支えられて、彼女もできて良いお話だった。

1日1個という設定は早々に無くなって10日溜まってるから10個持っていけるみたいなスタンスになってた。
yutaka

yutakaの感想・評価

2.6
ホームビデオみたいな感じでそんな面白いって感じではないけど。現代の物に溢れた生活に焦点を当てた感じは良かった!
ngo

ngoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

.

モノは100個あればいい
次の100個は人生を楽しむため

所有とは責任であり
モノは重荷になる

どんな重荷を背負うか僕は自分で決める

人生はモノでできてない
Kaido

Kaidoの感想・評価

3.5
曲が好き。この映画の。落ち着く。

モノってもっちゃうよね。
けど、ほんとに。

そんなに要らないんだよね。

使ってないモノが大半。まじ。

引っ越し前に見てよかった
監督脚本主演のペトリさん、最初裸で雪の上を走るシーンのワクワク感はすごかった。

50〜60個のモノがあれば普通に生活できるんだと。
Nir

Nirの感想・評価

3.0
自分自身ついつい色んなものを買ってしまうタイプなので、このテーマはとても感慨深かった。

自分にとって本当に必要な物はなんなのか。
便利な物で溢れる世の中だからこそ考えていきたい。

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーもおもろかったがもっとルールを徹底して欲しかった。何日か取りに行かないで数十分まとめて取りに行くとか、何日も取りに行かない日もあるとか冷めた。
登場人物がみんな素敵
AnriHieda

AnriHiedaの感想・評価

2.5
一番最後の1セリフを述べるまでに
前ふりが物凄く長い

この“気付き”を得るまでに色々な体験を作中に色々散りばめてはいたものの
結局自分のポリシーを優先してノン・アイテムライフを貫くよりも
自分が作りたい未来に主軸を置いてモノを選別する人生を選択するところに
そういう感じね、と妙に落胆。

最後の最後で彼女の顔を出しているのがその証拠。
これまでは自分だけの人生を考えてきたが、これからは彼女との人生を築いていく。
そのためにはこれくらいのモノが必要だよね、だって人生は僕だけのものじゃないんだからさ的な流れ。

まあ娯楽映画ではないことは確か。
yuuu

yuuuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

物で溢れかえった自分の部屋にうんざりしたペトリは、自分の持ち物をすべて『リセット』する実験を決意する。

自分の持ち物を全て倉庫にあずけ、1日1個だけ持って帰る生活を365日続ける。

便利なモノが溢れかえる世の中で、モノの量=幸福感だと思っていたペトリだが、実験を行ううちに、モノの量=幸福ではないことに気付く。

『人はモノでできていない。所有とは責任を伴う行為であり、何が必要かは自分で決めるべきだ』という言葉が印象的だった。

人との関わり方について考えさせられる映画。
>|