ねこたす

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!のねこたすのレビュー・感想・評価

-
ガルパンはいいぞ!
劇場版が大ヒットしたおかげで、お正月にテレビでOVAが見れる。なんてガルパンは良いのだろう。

TVシリーズでは描かれなかった2回戦、アンツィオ高校戦。劇場版でいきなり知らない人が出てきたからビビったのも懐かしい。

廃校を回避する為に急造で作った大洗女子の戦車道チーム。思えば、作品を通して格上のチームとしか対戦したことがなかったように思う。それを西住みほの戦略と機転で、番狂わせを演出してきた。

そんなガルパン世界からすれば、同じような実力のチームとの勝負は新鮮だ。
劇場版から振り返ると恐ろしいぐらい戦車が少なく、練度もまだまだ低い。秋山殿のスパイ情報を元に、対策をたてそれを基に練習をする。

イタリア側の戦車が小さいのと、焦りがちなこともあり砲撃がなかなか当たらない。しかし、機動力がありスピード感溢れる戦闘を見ることが出来る。砲身を用いたつばぜり合い、なんて粋な演出だろう。

まだチームが定まっておらず指令通りというわけではない。しかし、砲撃の狙いどころ、安定性の為に停車してから砲撃する等それぞれの成長が見られるのが気持ちのいいところ。

上映時間も短いし、アンツィオの作戦もすぐばれてしまう。そんな安易なところもなんだか微笑ましい。OVAらしい作品に仕上がっている。

珍しく気持ちよく勝ってしまうこともあり、この後のプラウダで慢心になる理由が分かってしまったのもなんだか複雑なところである…。