ダバング 大胆不敵の作品情報・感想・評価

ダバング 大胆不敵2010年製作の映画)

Dabangg

上映日:2014年07月26日

製作国:

上映時間:126分

3.6

あらすじ

インドのとある田舎町ラールガンジに暮らす聡明な少年チュルブル・パンデー。彼は、実の母ナイニー(ディンプル・カパーディヤー)と血のつながりがない義父プラジャーパティ・パンデー(ヴィノード・カンナー)、弟マカンチャンドと暮らしていた。マカンチャンドは父の実の息子であるが故、父からは甘やかされていたが、チュルブルはぞんざいな扱いを受けていた。しかし、母ナイニ―は二人を平等に愛してくれた。それだけが彼に…

インドのとある田舎町ラールガンジに暮らす聡明な少年チュルブル・パンデー。彼は、実の母ナイニー(ディンプル・カパーディヤー)と血のつながりがない義父プラジャーパティ・パンデー(ヴィノード・カンナー)、弟マカンチャンドと暮らしていた。マカンチャンドは父の実の息子であるが故、父からは甘やかされていたが、チュルブルはぞんざいな扱いを受けていた。しかし、母ナイニ―は二人を平等に愛してくれた。それだけが彼にとって心の支えであった。   21年後――。チュルブル(サルマーン・カーン)は、ロビンフッド・パンデーの異名を持つ警察官となる。強盗から金を奪って我が物にする汚職警官ではあったが、強きをくじき弱きを助ける、正義感を持つ男だった。一方、弟のマカンチャンド、通称マッキー(アルバーズ・カーン)は定職にも就かずブラブラする生活を繰り返していた。しかし、マッキーにはニルマラー(マーヒー・ギル)という恋人がおり、二人は結婚を夢見ていた。そんな二人の気持ちをよそに彼女の父親(ティーヌー・アーナンド)は二人の仲を認めようとしなかった。なぜなら、マッキーには経済的な余裕がなかったためである。 そんななか、チュルブルは一人の女性と出会い恋に落ちる。名前はラッジョー(ソーナークシー・シンハー)。チュルブルは猛アタックをするが、すれ違うばかり。彼女にはアルコール中毒の父親(マヘーシュ・マーンジュレーカル)がいた。彼女はそんな父を心配し「父が生きている限りは結婚しない」と頑なに決意をしていたのだ。 一方で権力を手に入れようとしている青年政治家のチェーディー・スィン(ソーヌー・スード)は、事あるごとに邪魔をするチュルブルに苛立ちを感じていた。その苛立ちはやがて敵意に変わり、チュルブルを始末するためにある作戦を計画する・・・。

「ダバング 大胆不敵」に投稿された感想・評価

今年のNo.1です。
本作が無ければ今ほどインド映画にハマっていなかったかもしれない。
近年のモダン・インド映画の潮流を一気にひっくり返す、泥くさく仁義と任侠にあふれた警官やくざ映画。サルマーン・カーン演じる悪漢警官チュルブル・パンデーの、愛嬌と腕っ節に酔いしれる2時間。
アクション・シーンも近年の格闘アクション・カタログのようなド派手展開。
ミュージカル・シーンはさらに輪をかけて素晴らしい。タイトル・ソングのキャッチーさ。飲めや歌えやパーティ・ソングに、艶めかしい魅力にあふれる娼館での曲。
物語でも、一筋縄でいかない主人公にかかる父親との確執、母親の慈愛、弟との対立、彼女との絆などなどが畳みかけてくる。
それら、どれ一つとっても見事としか言い様の無いピースが織り重ねられた1本のブッといドラマに圧倒される。
この夏の1本を選ぶとしたら間違いなく『ダバング 大胆不敵』になる。

暴力は怖くない、怖いのは愛( ͡° ͜ʖ ͡°)

こんなセリフをスィナー(ヒロイン)のあの美貌と目ヂカラ全開で言われた日にゃ、
そりゃ、サルマン・カーンも惚れてまうわな〜

俺みたいな、大胆不敵なマッチョがプロポーズしても断るのか⁈

はい! ∑(゚Д゚)

くっうっっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)スィナー男前(女前)!

今作!本能で見て下さい!
インド映画初心者の方!オススメです!
出来れば、多少のアルコールとご一緒に!
笑笑(´∀`)

やっぱ、インド映画最高(´∀`)

ダンス 笑い 感情 そして筋肉 笑笑

血湧き肉躍りますよ〜 ヽ(´▽`)/

本能ですよー! 本能! (´∀`)

あ〜 生まれ変わったら、
トム様とかじゃなく、サルマン・カーンになりたい (´∀`)








悪徳刑事なんだけどなんやかんや上手く行ってて、これで良いのか?これで良いのだ、って感じの映画でした。
普通に面白かった。

主人公強すぎ(笑)

気になったのが途中途中の音楽の切れ方とか編集が????ってシーンがたまにあった。

あと、クリケットしてたね!
印度ってもしかしてクリケット盛んな国やったのかな…。
七沖

七沖の感想・評価

3.3
〝この夏、ボリウッド映画は沸点へ〟
公開時期が夏だったのだろう。その限られた季節に全ての興行収入を賭けたかのようなキャッチコピーが印象的だ。

犯罪者から金をくすめるが、その金は困っている人のために使う義賊警官、チュルブル・パンデー。ある日、彼の活躍を疎ましく思う汚職政治家が現れて…というストーリー。

正直、ストーリーはあっちに行ったりこっちに行ったりで面白くないと感じた。パンデーの恋、ゲスな弟との確執、汚職政治家との対立など、ストーリーを構成する要素が多すぎてついて行くだけで精一杯だった。

だが、途中から本作の楽しみ方が分かった。サルマーン・カーンが演じるパンデーのダンディさと無双ぶりをただ単に楽しめればそれでいいのではないか。
序盤のアクションシーンからして、どっかで見たことあるアクション満載!あれは『マトリックス』⁉︎『ロミオマストダイ』⁉︎『トランスポーター』⁉︎というバトルの連続で、アクション映画好きなら退屈する暇もなく突っ込みを入れられる。
「ダバング、ダバング」と言い続けるダンスも妙にクセになった。
そしてなにより…怒って筋肉を盛り上がらせ、服がビリビリ破れていく演出は爆笑ものだ。こんなのマンガでしか見たことがない!これだけでも本作を観る価値がある。ちなみに予告編でもしっかり観られる。

ストーリーはちょっと…という感じだったが、自分なりの楽しみ方を見つけられると案外最後まで楽しめてしまう怪作だった。
マサラ上映で鑑賞。色々な要素を詰め込んでごちゃごちゃ感はあるけど、ミュージカルシーンが楽しくて、それだけでも見る価値はあり。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

3.3
(過去鑑賞記録用)

インド映画のベタな展開が面白かったー!

マサラ上映(←クラッカーならしたり全員で立って踊ったり)じゃなくて普通に観たかったなー。段差がない劇場でこれやると、前の人が立ってスクリーンが見えないんだよね( ´д`ll)うーん…マサラはやっぱり苦手だな。
doragon

doragonの感想・評価

3.5
なまくらな映画が好きだ
不器用な男の生き様と重なってジワジワとしびれる
ごっつい悪徳?っぽい警官の正義の鉄拳が唸る唸る!


主役、サーマル・カーンが悪党相手に大暴れです。
この人のルックスはインド俳優のお手本のような、ガッシリとしたガタイの良いおっさん!
暴れに暴れるおっさん暴走戦車です!

しかーし、なんとも火薬とチャイをキメているようなタイトルとデザインですけども、内容は割とがっつりドシリアス。
愛と、家族と、復讐劇。王道がっつりカタルシス。

若干鑑賞前の期待の齟齬でたたらを踏んだ部分はありましたけれど、音楽とアクションでプライスレス!

いやぁ、やっぱ音楽いいねぇ……。かなりノレる。踊りたくなっちゃうよねぇ。踊り……たかったなぁ…………。

そしてアクション。
インド映画のアクションのあのセンスは何なんですかね?
大真面目なのかふざけているのか。
はたまた、ハリウッドに見慣れすぎた弊害か。
…………いや、ふざけているな。

だって、ワイヤーアクションバリバリだし!服破けるし!
でもエグイ急所であったり、殺すときの容赦無さはやっぱり……あれわからなくなってきたぞ?



まあ、アレですよアレ。
インド映画のアクション映画が見たいのなら手に取ってみても悪くないかも!
改めて、インド映画にも色々あるんだねぇ〜と実感。

すまねぇ、兄貴。
映画のリズムとか、シナリオとか、楽しいんだろうと分かるけど、うちにはとことん合わなかった…。
>|