パンケーキレンズ

フレンチアルプスで起きたことのパンケーキレンズのレビュー・感想・評価

3.5
「自分の生命が存続の危機に陥った時、女性よりも男性の方が、逃げ出す確率は高い」という統計結果が実際あるようです

世間一般的な「男らしさ」の概念と
男性の本能レベルでの生態的特質とのズレ
そこに踏み込んだシニカルドラマとして、非常にオリジナリティがあって、心理描写も秀逸で、「分かるわ~・・・」の連発でしたねwww

「浮気」なら本人が100%悪いんやけど
そうではない場合(男性の生態だから)の危機を、夫婦はどうやって切り抜けるのか、ってのが、監督さん(ちなみに男性)の狙いなんでしょうね・・・

でも
あくまで女性として言わせてもらいますけど

とりあえず、過ちを認めなさい!

謝りなさい!

往生際が悪い!

それも、男性の生態的特質とでも言うのか!爆

なんてのは冗談で(ちと本気w)、事件が起こってから以降の「雪崩」って言葉を聞いたときのダンナの表情が、たまらん最高ですwww

スキー場では思いっきり滑ってるけど

ネタとしては、絶対に「スベらん」よ♪(←上手いなオイ!)てね

内容自体は人間の心理ドラマなので、どちらかというと舞台劇寄りで、空間的な広がりはないんですけど、だからこそ、雪山をダイナミックに捉えた滑らかなカメラとかが活きてるし、同時に、日常から脱した旅先という限定的な空間の閉塞感が効いてたりもする

結婚出産で、ある程度人生の先行きが見えてきて、そこにきて、このダンナかよ!っていう奥さんの「野糞泣き」がめちゃめちゃシュール!

けど、女性って、パートナーの過ちをネチネチ攻めるけど、本人は意外とアッサリ立ち直ったりするんですよねw

その点、ダンナのあの顛末ときたら・・・爆

終盤の展開、そして、ヒーロー誕生譚みたいなラストシーンはいかにも男性的で、あまりにイタすぎる!

運転手に詰め寄ったのは嫁やからね!

って、それも、監督は狙ってるんでしょうけど、女性監督によるもっと毒(風刺)の効いたラストシーンが観てみたいもんです♪

愛が試されるって、怖いのーー

ジェームズ・ボンドやったら、真っ先に抱えに来てくれるんやけどなーー♩

そういや、ガエルくんの『ロンリエスト・プラネット』も、こんなんやったなw